浦和パルコで先着特典がもらえるとあって、映画アイアンマン3をIMAXデジタルシアターの大迫力でみてきた!


こんな記事もかいてます→【MacBook Air用 デコシールが超かっこいい!】オシャレなガジェッター必見!デコレーションして個性ある自分だけのMacBook Air・MacBook Proを持ち歩こう!

あらすじ
スーパーヒーローで編成された部隊アベンジャーズの一員として戦い、地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。だが、アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを危険視するようになり、それを契機に彼はアイアンマンの新型スーツを開発することに没頭していく。そんな中、正体不明の敵によってスターク邸が破壊され、これまでのアイアンマンが全て爆破されてしまう。何もかも失ったスタークだが、人並み外れた頭脳を武器に孤独な戦いに挑む。
今回3D、2Dでの公開だが、お薦めは3Dだ。3D的な見せ場ももちろんあるのだが空間設計がとにかく素晴らしい。まぁ、飛行シーンが多い映画はやはり3Dの方が圧倒的なスケール感を体感できるからだ。


今回の見どころは、どんな状況下でも自分を守ってくれる強固なスーツ。


スタークは、様々なプレッシャーからスーツの中に引きこもってしまう。すなわち、スーツの中が逃げ場所(繭:マユ)になってしまっていた。


スーツに頼りきってしまう自分の心の弱さに気が付き、このままでいいのかと迷い悩み、解決していく様がよかった。

お決まりの、アメリカ映画っぽく“愛は勝つ”がキーワードになっている。


※今回の映画でアイアンマンはラストと勘違いされそうだが、きちんと最後までエンドロールを観よう!もしかしたら・・・かもしれないから。

友人のプロブロガーの記事はこちら→「アイアンマン3」を観た感想は…超絶おもしろかった!エンドロールは最後まで観るべし!