明石駅より魚の棚を通り越すと、お店は見えてきます。木村家さんは、人生で初めて食べた“明石焼き”のお店で、父親に連れられて行ってもらったのを今でも良く覚えています。寒い日に行ったからでしょうか。ここで食べた明石焼きはもちろん、“関東煮”(おでん)が美味しかったのが今でも忘れられません。そんな昔懐かしい思い出話に今回はお付き合い頂きます。

続きを読む