明石駅より魚の棚を通り越すと、お店は見えてきます。木村家さんは、人生で初めて食べた“明石焼き”のお店で、父親に連れられて行ってもらったのを今でも良く覚えています。寒い日に行ったからでしょうか。ここで食べた明石焼きはもちろん、“関東煮”(おでん)が美味しかったのが今でも忘れられません。そんな昔懐かしい思い出話に今回はお付き合い頂きます。


■■■明石焼き 木村家 THE BEST■■■



▼明石焼き 木村家のコダワリ



創業当時から毎朝仕入れる新鮮なタコが自慢との事。



例えば、おでんのタコは特に下ごしらえなどしな くても柔らかく美味しいのだとか。



▼明石焼き 木村家の関東煮(おでん)



関東のおでんと違って、薄口しょうゆを使った少し甘めの味付けでした。



今回、タコ・スジ・玉子・大根をオーダー♪



全体的に、煮てあっても煮込み過ぎてない関東煮。



優しい味わいでお出汁をゴクゴク飲んでしまいます。



驚くべきはやはり、タコのプリプリ食感とジンワリ口の中に広がる旨味☆



タコってこんなにも旨味の強いんだ!と改めて思い知らされました。



▼木村家の明石焼き



明石焼きといへば“お出汁”。北海道南産の一枚昆布と赤穂の塩を使って出汁を作り、保存料は一切使用していないそうです。



ふっくらとしていてプルンプルン震える明石焼き。



お出汁につけて食べ、ソースを塗って食べ、ソース塗って出汁につけて食べと、3パターンの食べ方ができるので、20個なんてあっという間にペロリです☆



明石焼きって、出汁巻に近いかもしれないとふと思いました☆



まとめ



明石焼きマップがあるくらい、明石駅前にはたくさんの明石焼き屋さんがありますが、どうしても老舗にまずは足が向いてしまいます。この後、新規開拓しましたが、老舗のこの味には遠く及びませんでした。是非、明石に行くことあれば木村家!まずは、オススメします☆



本家きむらや明石焼き / 山陽明石駅明石駅人丸前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5