みなさん!“コンビーフご飯”って食べた事ありますか?



コンビーフをほぐしたものを、ご飯の上に乗せて醤油一垂らししたもの♪とまぁ〜そんな単純なものではありません☆

▼コンビーフとは?

塩漬けにした牛肉を大釜で火を通し、細かく繊維をほぐしてから牛脂と混ぜ合わせて作る加工品です。賞味期限が短く、ご飯の上に乗せて食べるのも買ってから数日の間しかできません。腰塚さんのコンビーフは、昔ながらの伝統的な製法と素材にコダワって作った100%手作り極上コンビーフとの事。コンビーフに使用している部位は、繊維が細かい牛の肩バラ肉。このお肉を蒸して手でほぐし、黒毛和牛の乳脂と和えているそうです。牛肉を手で粗ほぐしにしていることで、肉の旨味がしっかりと残り、肉の繊維が細かくなりすぎず、絶妙な食感を残るのがポイントとの事。



▼おすすめコンビーフは?

コンビーフを取り扱っているお肉屋さんが、周辺にあることを最近知りました。JR日暮里駅から程近い谷根千エリアにある、腰塚さんの本店ばかり贔屓にしています。腰塚さんは東京食肉市場で仲卸業も営んでいる昭和24年に創業した精肉店です。



▼コンビーフ丼はどこで食べられる?

腰塚さんはてっきり精肉店だけだと思っていたら、飲食店も展開している事を知りました。ただ、コンビーフ丼だけを食べたい!となると目黒区自由が丘に行かなくてはなりません。



▼腰塚の極上コンビーフ丼セット

黒毛和牛腰塚自由が丘店のランチで出てきました、コンビーフ丼に加えサラダとコムタンスープがついて、なんと1,000円!



卓上には、お醤油の他・ワサビ・塩・胡椒・コチュジャンが用意されています。



運ばれてきたコンビーフ丼は、熱々の丼に熱々のご飯が盛られ、フワッとコンビーフが惜しげもなく乗っています。



しばらくすると、コンビーフの脂がサラサラと溶ろけ、赤身部分がはっきりと露出してくるのが分かります。腰塚さんのコンビーフ丼は、実にまろやかで繊細な味わいでした。



特にすごいのは舌の上でサラサラと溶けて行くこの食感。極上の口どけとはこういうことをいうのでしょう。その後に残る赤身肉の美味さときたら、牛肉の美味さを“牛縮”したかのよう!これがまた米とたくみに絡み合います☆



また、コンビーフの中央には卵黄が鎮座しており中盤から玉子を絡めたり、お醤油・ワサビ・塩・胡椒・コチュジャンなどを使いながら味わいに変化をつけ楽しみます。僕は腰塚さんのおかげでコンビーフのイメージが変わりました☆超オススメですよぉ☆☆

焼肉 腰塚 自由が丘店焼肉 / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0