今まで、河津桜が日本で一番早く開花する桜だと思っていたのですが、調べれば色々とあるんですね☆






via あたみ桜

via 第9回あたみ桜糸川桜まつり




あたみ桜を愛でに熱海へ行くと、糸川桜まつりが開催されていました。





会場は熱海駅からタクシーで5分くらいのところにある、熱海銀座の近く、熱海市内中心部を流れる糸川の両側“糸川遊歩道”で、58本の早咲きの“あたみ桜”が愛でられました。



聞くところによると、あたみ桜は1871年(明治4年)頃、イタリア人によって熱海に移植したそうです。



ソメイヨシノに比べ、少しピンク色が濃いように思えます。



乾燥して空気が澄んでいるんで、写真を撮るとパリッとした一枚を撮ることができます。



あたみ桜“糸川桜まつり”開催期間中は、ライトアップされた桜が愛でられるのでこちらもオススメです☆