最近、豚ミン補給と称し、豚肉や豚モツをガッツリ食べたい!という衝動が抑え切られず家内に内緒で豚肉大好き友達と一緒に行って豚チャン鍋をたらふく食べて、かなり満足できたのでコッソリご紹介しちゃおう!と思います。





▼豚チャン鍋って何?  



お店の方の説明によると、もつ鍋のようでもつ鍋じゃない、とんちゃん焼き(鉄板焼き)のようでとんちゃん焼きじゃない鍋。



豚肉のいろんな部位や豚ホルモンを豪快に鍋に放り込み、
お好みの味付けでキャベツ、もやし、ニラなどと炒めるめ煮る九州地方に伝わる郷土料理を、豚のチャンピオン流にアレンジしたもの。



▼豚チャン鍋(ヘビー級)

今回オーダーしたのは、90分で2999円税別の鍋。



朝採れの豚レバー・ハツ、豚ガツ刺し、豚足まで食べ放題!という太っ腹コース。



内容は下記の通り。
・【豚肉】トロカルビ・タンカルビ・バラカルビ・ロース
・【豚ホルモン】コテツ・シロコロ・ハラミ
・【極鮮ホルモン】極鮮レバー・極鮮ハツ
・【豚刺し】豚ガツ刺し・豚足
・【野菜】野菜盛り
・【雑炊】雑炊セット・うどん・ラーメン(細麺)・ちゃんぽん麺
・【その他】ごはん・卵・スジ肉カレー・スープ・駄菓子



出汁は三種類あって、どうせなら三種類全て味わいたいですよね。



そこで今回はオススメの鍋の食べ進め方をご紹介します。



まずは、“白 和風だし”→“黒 焦がし醤油”→“赤 麻辣醤”の順番で
オーダーして行きます。



そうすると、一つの鍋で足して足して鍋を
作って行くので、味わいがドンドン濃厚になっていきます。



・白 和風だし
鰹と昆布の合わせ出汁で素材の味を引き出した、あっさりとした飽きの来ない塩味です。お好みで柚子胡椒やポン酢で頂きます。



・黒 焦がし醤油
香ばしい風味の焦がしニンニクと焦がし醤油をブレンドした特製醤油だし。



・赤 麻辣醤
辛味の唐辛子・シビレの花山椒原料にこだわりクセになる味を辛さを五感を刺激する。





辛味・シビレ・ニンニクの増量もできるので限界までチャレンジしてみてはいかがでしょうか?





まとめ
味変ができるので飽きる事無く最後まで味わえるのが良いですね☆最後の〆は麺で旨味を最後まで堪能し切りたいですね☆







豚のチャンピオン 代々木店焼肉 / 代々木駅南新宿駅新宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5