渋谷の南のことを“渋南”というみたいですね☆その渋南エリアに大規模複合施設“渋谷ストリーム”が2018年9月13日に開業してまもなく2ヶ月。ようやく落ち着いてきたみたいなので、お友達と飲みに行きました。


渋谷ストリームの1~4Fの商業ゾーンのほぼ全てが飲食関係のお店である点が有名みたいですね☆



確かにどこもかしこも飲食店♪飲食店横丁スタンプラリーができそうな勢いです☆



お店一つ一つ見て行くと、価格帯もそこそこで、きっと周辺企業の方々の懐具合を考えての料金設定なんでしょうか?



通いやすい価格帯で毎日通いたくなりますね☆



今回ご紹介する、Wine no Ruisuke 渋谷ストリーム店は鶏料理を中心としたワインも鶏も扱うバル♪



仕事を終えた会社員や、コンパ・デートなどなど、いろんなシーンで賑わっていました。



僕の場合、忘年会としても使えそうなお店としてチョイスして訪問しました。



■■■Wine no Ruisuke 渋谷ストリーム店 THE BEST■■■

ここからは実際オーダーしたものをチョイスしてご紹介します☆



▼枝豆のペペロンチーノ

いきなりパスタ?と思われるかも知れませんが、よそのことは忘れて下さい☆れっきとした前菜おつまみです。茹でた枝豆をガーリックと唐辛子などの調味料で味を付け冷静にした感じ。ピリ辛でニンニクのガツン!と来る味わいに、食欲が静かに掻き立てられます。



▼キャロットラペ

甘酸っぱくってビックリ♪これ単体で食べるというよりは何かのお料理の合間に口直し的に食べたいですね☆口の中がサッパリとするので脂っこいメニューとの相性が良いかもしれませんね。



▼南欧風乾燥熟成肉 尾島さんの生ハム

ドライな生ハムという言い方が適当でしょうか。ビーフジャーキーのように硬い事がなく、薄くスライスされてやって来ました☆一口食べると、旨味がじんわりと広がってなかなかの美味♪生ハムがこんなにも味わい深いとは新たな発見です☆



▼エビと葉ニンニクのアヒージョ

ちょっとしょっぱいくらいが実は丁度良い!大ぶりなエビがゴロっと入って、ニンニクの芽が入ってシャキシャと仕上がっていて、いつものアヒージョとはまた違うものでした。バケット付けるか否かは事前にチョイスできるので、必ず頼んでおきましょう♪



▼ヒナ鶏の石窯焼き

丸ごとローストされて出てきました☆今回、注文してから釜で焼く為、30分程時間がかかるとの事なので、序盤にオーダーしました。今回の鶏肉には余計な脂肪が付かず、適度な歯ごたえが特徴の肉質。鶏肉の繊維質が細かくてしっかりしていて鶏の旨味が存分に味わえます。



表面は香ばしく、一羽丸ごと焼くから中は驚くほどジューシーに仕上がっています。皮はパリッと中はしっとりジューシーでスパイシー。ハーブのおかげなんでしょうか?この調味のバランスが絶妙で、一口食べたらもう止まらなくなってしまいます。肉質が良い♪プリッとした肉質はしっとりとなめらか。骨からの身離れが良く、焼け姿から想像できない鮮度の良さを感じました。



▼蒸し鶏とほうれん草のアラビアータ

唐辛子を利かせたトマトソースと、鶏肉料理を得意とするだけあって、しっかり蒸し鶏が入っていました☆終盤にピリッとパンチのあるパスタってなかなかイイ〆方ですね☆