永康街(ヨンカンチェ)という場所にお店はあります。鼎泰豐(ディンタイフォン) 本店の裏くらいの位置にあって、長蛇の列が目印になります。



お好み焼とは違う、ネギ焼き?韓国チヂミ?シャーピン?ブリトー?トルティーヤ?のどれにも当てハマらない、台湾オリジナルのファーストフード“蔥抓餅”。



生地に刻み葱を混ぜ込んで、胡麻油で焼き上げるシンプルな粉もんメニューです。





過去記事紹介→【ili(イリー)モニター】我が家にあのウェアラブル瞬間翻訳デバイス“ili(イリー)”がやってきた♪




▼天津蔥抓餅は總匯(ミックス)が当たり♪ 

今回全8種類あるトッピングメニューから選んだのですが正直迷います☆



■原味:オリジナル。何も具が入っていないシンプルなもの。
■加雛蛋:卵入り。
■九層塔加蛋:台湾バジル・卵。
■火腿加蛋:ハム・卵。
■起司加蛋:チーズ・卵。
■總匯:ミックス(卵・台湾バジル・チーズ・ハム)
■玉米蛋:とうもろこし+卵
■玉米起司蛋:とうもろこし・チーズ・卵


オーダーミスると後悔しかねないので、卵・台湾バジル・チーズ・ハムのミックス(總匯)でオーダーしました。次回頼む時、苦手なものは外せばいいので☆注文してお代を済ますと、具を入れ焼き直してくれます。出来上がりは紙袋に入れて渡してくれるのですが、猛烈な熱さ!火傷しないように注意が必要です。



フッーフッーしながら頂きましたが、パリッとカリッとモチモチとした食感の蔥抓餅は、ネギとゴマ油の香ばしさがまず口の中で広がります。食べ進めると卵・台湾バジル・チーズ・ハムが渾然一体となって美味しいハーモニーを奏でます。 店頭に用意されている甘・激辛ソーがあるのですが、途中から味変もできるようです☆この蔥抓餅は全部乗せだと日本円にして200円くらいです。安っすーい♪



■■■ili(イリー)このタイミングで使おう!■■■ 

オーダー方法は簡単なんですが、何個欲しいのか?というのを伝えなければなりません。回転率が高いので、ワン?リャン?と聞かれます。ワンは1でしょうが、リャンってなによ?という方、2つ下さい!と ili(イリー)に翻訳してもらいましょう!!

まとめ
日本語メニューがあるので、メニューを指差しするかメニュー番号を伝えれば大丈夫なので簡単にオーダーができます。台湾グルメ食べ歩きにもってこいの逸品でした☆

天津葱抓餅北京料理 / 永康街)
夜総合点★★★☆☆ 3.5