台湾の台北にある西門エリアは、日本でいうところの渋谷・原宿 みたいな街。

FullSizeRender

ikukodaysさんに、ご紹介して頂いた“天天利美食坊”でブランチとして伺いました。



漢中街沿いにある年季の入った食わせそうな店構え。






過去記事紹介→【ili(イリー)モニター】我が家にあのウェアラブル瞬間翻訳デバイス“ili(イリー)”がやってきた♪





▼魯肉飯加蛋(玉子入り魯肉飯(ルーローハン)

お目当ては“魯肉飯(ルーローハン)”です。一般的に魯肉飯とは台湾の代表的な、かけご飯として有名で、本来バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を八角や甘辛い醤油ベースの煮汁で煮込み、煮汁ごと白米の上に掛けた丼物です。

FullSizeRender

“天天利美食坊”の“魯肉飯(ルーローハン)”は、半熟目玉焼きをトッピングしてオーダーしてみました。その名も“魯肉飯加蛋”140JPY。大と小と2サイズあるのですが、食べ歩きをこれからするので小サイズで☆

FullSizeRender

塊肉かと思いきや、ご飯の上にフレーク状になっているお肉が乗って、更にその上に半熟目玉焼きがドーンと乗ってやって来ます☆目玉焼きに箸を入れたら、一気にかき混ぜて頂きまーす☆しっかり甘辛に煮込まれたお肉と玉子の黄身の甘さが見事に調和していました♪

FullSizeRender

▼貢丸湯

また肉団子スープも是非追加オーダーしましょう☆



肉団子というよりは太い腸詰みたいのが入っていて、セロリの葉が入ったあっさりとしたスープです。120JPY



▼大根餅

モチモチ食感の大根餅。甘辛のチリソースっぽいのがかかっています。お腹が膨れますが、お腹に余裕があれば是非トライしてみて下さい。200JPY



■■■ili(イリー)このタイミングで使おう!■■■

先払いなのか後払いなのか、オーダーしてから入店するのか、そこらへんを聞くとちゃんとおもてなししてくれます。



また、席が相席になることがあるので、向かい合わせが良いとかリクエストしてみるのもありです。最後に、日本語メニューがあるのでそれを借りるとオーダーがスムーズに行えます☆



天天利美食坊台湾料理 / 西門町)
昼総合点★★★★ 4.0