落ち着いた個室席でコンパ♪大人の街、六本木で楽しい夜を過ごそうよ!そんなお声がかかることをずっと祈っていたコブですw(お声なんてかかるわけがないw)



今回お友達と、コダワリのある個室メインの焼肉屋さんに行くよ!ということでお供させて頂きました。





素敵なお店だったのでご紹介しようと思います。





■ ■ ■六本木 にくだらけ THE BEST ■ ■ ■

芝浦直送のコダワリ黒毛和牛A4・A5ランクの希少部位を主力としているお店です。お肉を食べる際、静岡県産生わさびを使っているとのこと、他で類をみないコダワリがありました。今回は7,000円のコースをオーダー☆どんなお料理が出てくるのかワクワクさせられます。



▼前菜

キムチ(白菜・きゅうり・大根)・ナムル(人参・菜っ葉・豆もやし)歯応えを大事に考えられた、旨味タップリキムチは大根がイチオシですね。



序盤の箸休めとしてかなり良いスタートを切りました。



▼ にくだらけサラダ

これから美味しくお肉を頂く為の準備をしまーす♪スタンダードなサラダでホッと一息つけられます☆



▼ローストビーフ山椒醤油

山椒がしょうゆ漬けになっているのでしょうか?ローストビーフの力強い味わいに負けていません。



むしろ上手に引き立てています。また側仕えしているのは水菜とジャガイモのピューレ♪ジャガイモのマッシュの間違いじゃないの?と食べてみて実感!マッシュよりも水分が強い!



▼タン塩&上ハラミ

焼き物の先発は、モツ系から。片面をしっかり焼いてから裏は軽く炙る程度!タン塩はレモンとお塩で頂きます。表面を強火でカリッと焼き上げている為、美味さが外にでていくことがありません。



美味さがギュッと詰まっているようなタン塩でした☆また上ハラミは四面良く焼きが望ましいということでじっくり弱火で焼き上げました。



お肉の味わいを云々するにはやはりお塩で頂くのがベストですね。お塩にワサビ♪そんな組み合わせとご飯!最高の組み合わせですね☆



▼シンシン&マルカワ

牛の後ろ脚の付け根の、内ももより下の内側にある球状の部位を “しんたま ”。その中心部にあるのが“しんしん”肉質は筋はあるけれど、キメが細かく柔らかく、食べやすい部位でした。



また、マルカワはシンシンの外側に位置しますが、しんたまの中で最も取れる量が少ない部位なんだそうです。



シンシン同様、柔らかい肉質でキメは細かく、サシは少なめ、赤身が多く、脂が少ないので女性に人気との事。



両方ともある程度の弾力性があって柔らかく、噛むと口の中に赤身肉の美味さが一杯に広がるので好きです☆



▼亀の子

シンシン&マルカワに近い部位です。亀の子とは、“しんたま”の一部で断面の模様が“亀の甲羅 ” のように似ていることが名前の由来なんだとか。



肉質がキメ細かく脂が少なく赤味の旨みが凝縮されていて柔らかい。赤味が多い部位なので硬くなる前にサッと炙る程度に焼くのがコツなんだそうです。



▼三角バラのすき焼き

肩のバラの中に含まれる部位で、第1~6ロッ骨の部分を三角形に切った形を表わしているのが名前の由来。





サシが多く特上カルビと呼ばれていることもあるそうです。





バラ肉の中では一番美味い!とされる部位なんだそうです。





▼とろたく寿司

お寿司屋さん以外で出会ったことがなかったのですが、まさか焼肉屋さんで食べられるとは驚きです。



トロの部分がサシ多目のお肉がトロトロしていて、コリコリしたたくわんの食感がたまりませんね☆



▼ホルモン4種盛

シマチョウ・ミノサンド・レバー・ハツ。





どれも鮮度抜群で歯応えも美味さもバッチリですね☆



▼冷麺

クセのない冷麺のスープ。すっきりと少し甘め。お酢をかけて頂きます。





薬味も用意されていて、トマト・ワカメ・キムチをお好みで入れて頂く事ができます。



実にバランス良く、途中から味変できる点も肉い演出です。





▼手作りプリン



カラメルソースが濃くなく、サラサラとしているプリン。



玉子の味わいが濃厚に感じられるので濃厚派なプリンが好きな人には是非食べてもらいたい逸品。



にくだらけ焼肉 / 六本木駅乃木坂駅広尾駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5