吉野家新商品発表会の後、待望の吉野家試食会が待っていました。その中でも印象的な部分を抜粋してお届けしたいと思います。



▼新商品“鶏すき丼 ”  実食 レポ♪



見た目ですが、良い照りが印象的な鶏肉と厚切り玉ねぎ。丼中央には半熟玉子が鎮座していました。( 半熟玉子 は一年中提供可)



トッピングに山椒を振りかけて頂くのですが、もうパッと見♪鰻丼半熟玉子トッピングしたかのよう。一口食べれば、うん!?やっぱり?なんだか?うな丼っぽい♪



スタッフさんを交えた座談会で、お話する機会があったので質問すると、鰻の蒲焼に近いタレではあるとの事。そういへば、鰻専門店で焼鳥(タレ)を食べた事があったけど、まさに!そ・れ・だ!!



濃い目の甘辛タレが、鶏肉自体に染み込みつつも、丼の底までご飯と絡み合っていました。鶏肉はモモ肉100%で、プリプリとした食感で柔らかい感じがイイですね☆玉ねぎは鶏肉とともに一度店内で蒸してから炒めている為、食感が損なわれることなくシャクシャクとした食感がしつつも甘味があって甘辛タレと良く合います。



濃い目故に、半熟玉子の存在は大きいですね♪全体的にまろやかにしてくれます。最後に外せないのが山椒の存在♪これがあるから鰻丼だと思ってしまいます(笑)全体的に味を一つにまとめてくれます。



この鶏すき丼、牛丼や豚丼よりも値段が高い!という意見がありました。半熟玉子がデフォルトで入っているので、それも値段の内なので特段高いというイメージはありません。



▼“鶏すき丼 ” を特別に作らせてもらった♪ 

店内調理にこだわる!がコンセプト、鶏すき丼は実際の現場で作る際相当の手間がかかるんじゃないか?という質問が記者会見の場でも質問が出ていました。



コレに対し、吉野家の河村社長は、アルバイトからの叩き上げの現場第一主義者ということもあり、実店舗での検証を何度も繰り返し、現場に不可がかかりにくいようなレシピを考案されたとの事。



その簡単レシピ“鶏すき丼 ” を、自分たちで作れるとあって1杯目、吉野家スタッフが作って下さった後にもう一杯自分で作ってみました。



店内調理なので当然、生の食材から丁寧に下処理し、蒸して加熱処理されており、その後の作る工程を体験させて頂きました。



結果、1杯目はプロが作り、2杯目は素人の僕が作ってもほぼ同じ味わいでした♪現場のスタッフ目線でレシピを組立てられたんだなぁとしみじみ思いました。 簡単に動画を作ってみましたので、ご覧下さい☆



まとめ

今回実際2杯食べてみて(途中飽きることなく☆)牛丼・豚丼と違って手作り感があって、良いと思います☆“鶏もうまいぞ。というキャッチフレーズ。吉野家の新たな1ページを飾るとともに吉野家の定番メニューとして 定着することをお祈りしたいですね☆