関越自動車道、赤城高原SA下りに“あかぎ庵”というお店があるのをご存知ですか?わざわざ昭和インターで降りなくても、赤城高原SA下りでは地元の食材を使った名物料理“水沢うどん”を食べられるとして、“あかぎ庵”は有名です。



今回、道の駅あぐりーむへ行く途中に休憩がてら立ち寄った、赤城高原SA内にあるレストラン“あかぎ庵”さんにて、期間限定で販売されている“赤城のトマトすき焼き”を食べて、インパクトがあったので、特に良かったところを厳選して、ご紹介しようと思います。



■■■赤城のトマトすき焼きの食材■■■



全て群馬県利根郡昭和村を中心に、群馬県内で育てられた食材を使っている点がポイント。



あかぎ庵さんでは“オール群馬”を掲げ、地元生産者さんや地元製造メーカーさんと強い絆ができており、地元ならではの食材を“すき焼き”の具材として使うことができるそうです。



▼お肉

赤城牛と赤城ポークを使用。脂身部分が少なくあっさりと食べ応えあるお肉でした。



▼トマト

“すずこま”というクッキングトマト(調理用トマト)を使用。今、話題の抗酸化作用を持つリコペンが豊富だそうです。道の駅あぐりーむで栽培されているそうです。



▼だるま葱

下仁田葱を優る旨さ!と定評のある、激美味の長ネギ。糖度が高く食味が良いのが特長で、火を通すととろりと甘くなるそうです。ネギのミツが詰まってて、まさに今が食べ時♪ネギの青い部分までも美味しいそうです。トマト同様、道の駅あぐりーむで栽培されています。



▼しらたき

昭和村にある、株式会社 北毛久呂保(くろほ)の“しらたき”を使用。しらたきの原料は昭和村の、こんにゃく芋“三山優”。しらたきは、生いもの段階から丁寧に擂り潰して作る、昔ながらの製法を採用している為、風味があり気泡が出来やすく、すき焼き味が染みるのが特徴なんだそうです。



▼春菊

昭和村産の春菊。柔らかく、すき焼きにはなくてはならない存在ですよね。



▼百日まいたけ

既に赤城高原SAでは使われていて、地元野菜として愛され食べ続けられたキノコです。



▼焼き豆腐

“とうふは相模屋”で有名、群馬県前橋市の相模屋食料株式会社から焼き豆腐を手配しているそうです。大豆の旨みと風味をしっかり詰め込んだ豆腐を、人の手で丁寧に真心込めて焼き上げられたお豆腐です。



▼すき焼き割り下

群馬県産の正田醤油を使用した割り下は、群馬県民が慣れ親しんで来た心の味。風味が豊かなのが特徴です。



■■■赤城のトマトすき焼き食べた感想■■■



▼トマトが入ると爽やか♪

すき焼きって、食べ進めると甘く飽きてくることがあります。ところが、トマトが入ると酸味と旨味が加わり、奥深い味わいに変化します。玉子も使う必要がなく、和風のすき焼きですが、どことなく洋風ともとれる“すき焼き”です。



▼ネギが甘い♪

下仁田葱よりも美味いよ!と言われるだけのことはあります。ネギの蜜が豊富で煮込めば煮込む程甘さが増して味わい深いです。



▼しらたきの替え玉があるぞ♪

しらたきを麺感覚で食べてもらいたい!という考えがあるようで、替え玉150gを100円で販売する予定なんだそうです。



確かにすぐ味が染み込むのであれば、替え玉はありですね。



しかもラーメンと違って、しらたきはカロリーが低くヘルシーですよね♪いくらでもオーダーしたくなりますね☆



まとめ

赤城のトマトすき焼きは1,980円(税込み)で、定食形式での提供となり、ご飯200g・味噌汁・おしんこが付いてきます♪また安心安全の純国産・純群馬産100%がこのお値段で味わえるのは、かなりお値打ちだと思います。期間限定の販売の為、是非食べられる内に立ち寄ってもらいたいなぁと思います☆心の底から温まりますよぉ~♪



あかぎ庵定食・食堂 / 岩本駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5