東京都江戸川区新堀、春花園BONSAI美術館の近くに“天やぶ”はあります。



最寄駅が近くになく、(しいて言うなら都営新宿線篠崎駅から1.5km)車がないと不便な場所にお店はあります。



地元民の方々がランチ開店とともに押し寄せるとあって、僕もその時間に合わせて車で向かいました。



駐車場に運良く空きがあったので滑り込ませました。



創業25年という老舗の暖簾をくぐって着席です。



着席し周囲を見渡すと、天ぷら屋さんらしいお店作りで、調理場(揚げ場)を中心に扇形にカウンター10席あって、その他テーブル20席・座敷12席もあって、かなり広いお店だと感じました。



さて、ランチメニューを除くと、丼物・天ぷら定食・コースの3パターンの他、お子様天丼なんてのもありました。



天ぷらの食べ方で一番好きなのが、丼物!ということで、お店イチオシの特製天丼をオーダーしました。



▼特製天丼をドーン♪

運ばれて来た特製天丼が乗ったおぼんには、シジミの味噌汁とナス・きゅうり・高菜のお新香が側仕えしていました。



丼モノの楽しみは、フタを開ける瞬間です。



フタを開けた瞬間のゴマ油の良い香りが立ち昇ります。



丼の中で蒸らされた天ぷらはシナっていました。



特製天丼のタレは、甘くなくしょっぱめ♪江戸前天丼っぽいですね。甘くない分、飽きの来ない味付けです。



・海老

驚くほど、プリップリしていて、海老の旨味が凝縮していました。天丼でここまで美味しい海老に出会うとは夢にも思いませんでした。



・穴子

穴子の旨味がフワっと口の中に広がります。江戸前天丼ネタの王道ですね☆



・イカ

プリップリのイカは程よい歯応えです。



・貝柱のかき揚げ

ホクホクプリップリのかき揚げは、食べ応え満点♪三つ葉等と一緒に揚がっていてサッパリもしています。



・アスパラガス

野菜天も充実。薄衣で揚げられているので野菜の旨味を堪能できます。



・レンコン

パリポリサクサクな野菜天。歯応えある天ぷらが入っているのはいいですね♪



・ナス

油を吸い込んだナスは、ナスの水分を吸い込んでジュワッとした食感です。



▼シジミの味噌汁

赤だしに近い味噌汁でした。



シジミの旨味が残らず味噌汁に出きってました。天丼食べている合間に、こういう旨味たっぷりの汁物はありがたいですね☆



▼お新香

口の中をリフレッシュしてくれるお新香の美味しいコト!天丼をより一層美味しさを引き立ててくれますね。



まとめ

地元住民に人気というのも良く理解できます。もう隠れ家ですね。印象的だったのが、ご主人の真剣な眼差しのその先にある天ぷらの揚げ場!素材の美味さを最大限引き出すその瞬間を、ジッ!と見つめている様は、何かと真剣勝負しているようでした。江戸川区の新堀という、ある意味秘境の地に、そっとたたずむ天ぷらの専門店“天やぶ”また再訪間違いなしです☆☆



天やぶ天ぷら / 篠崎駅瑞江駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0