韓国に留学していた同級生が准教授になって帰ってきた!ということで、その彼の母校近くでお店を探していたら、素敵な焼肉屋さんを発見したのでご紹介したいと思います。



今回お邪魔したのは、慶應義塾大学のお膝元、三田の芝エリアにある焼肉屋さん“PANCHAN”。



本場韓国で8年修業してきたシェフが1Fのオープンキッチンで腕を振るうお店でした。



焼肉で使うお肉達はA5ランクの上質な国産和牛で、部位ごとにこだわった食べ方を提案してくれる面白いお店です。



■■■極 PANCHANコースという焼肉満腹コース■■■

今回、お願いしたのが、“極 PANCHANコース【2時間飲み放題】”。



コースは全16品と、PANCHANの自慢の逸品を結集させた 贅を極めたコース内容でした。



▼キムチ・ナムル3種盛合せ

特に白菜キムチは自家製ということで、個性があり市販では味わえないような奥深い味わいでした。





ナムルもカボチャのナムルなんてのもあって、初めての味わいにビックリ!ズッキーニのようなウリのような食感が印象的でした。













▼PANCHAN サラダ

お肉がこの後控えているのでサラダでウォーミングアップします。お店独自のドレッシングがさっぱりとしていて好きになりました。



▼燻製ポテトサラダ

カシューナッツが入ったポテサラ。燻製だけあって香ばしい味わい。



▼カンジャン海老 or ヤンニョム海老

選ぶことができる海老メニュー。カンジャン・・・と聞くと、ワタリガニ!というイメージが強いですが、ここでは海老だったんです。



生の海老をカンジャン仕立てにしたり、甘辛味噌仕立てにしたりと韓国料理の変幻自在、自由奔放な創作メニューに脱帽です。



海老の味噌までしっかり甘くて絶品でした。



▼本日のパンチャン(特製モツ煮込み or 茹でタン)

前菜で冷たいメニューが続いたので、ここいらで少し温かい物をオーダー。今回は特製もつ煮込み。


グツグツ煮えたぎったチゲっぽい鍋にモツと根菜がたくさん入っていました。



一口スープをすするとそれ程辛くなく胃がポカポカして来ます。



▼極上ユッケ

最近生のユッケは法的に食べられなくなりましたが、軽く炙ってユッケ仕立てにするお店が増えてきましたね。



ご飯の上に乗せても抜群ですね♪



▼プルコギサーロイン

長ーいペローンとした味わいのお肉が登場。



生玉子の卵黄のみとエゴマの葉が乗ったご飯も配膳されてきました。



サーロインの炙り寿司!といったところでしょうか。



エゴマの葉がイイアクセントになっています。









お箸でお肉を持ち上げると重力に負けて引きちぎれてしまいそうな程柔らかい和牛とご飯との相性は抜群ですね。



▼赤身正肉



ミスジ・厚切り上ハラミ・リブ・カメノコ・シンシンと、良く焼肉屋さんで聞く、カルビ・ロースが出て来ないんですね。



それもそのはず、このお店では和牛の部位で特に美味しいところを厳選して提供しているからとのコト。





▼ホルモン

ホルモン盛合せ3種。



しまちょう・はつ・みのがやってきました。コリッコリ・クニュクニュ・サクサクした食感が楽しいですね。



▼お食事

すだち冷麺 or PANCHANユッケめし or コムタンクッパの中からチョイス。



僕は、PANCHANユッケめしをオーダー。でてきたのは、“ユッケ・うに・わさび・ご飯”、一緒に行ったお友達は“うにくめし”だ!叫んでましたw



▼デザート

極上なめらかプリン or 爽やか杏仁豆腐 or パッピンスからチョイス。爽やか杏仁豆腐はなめらかで焼肉の余韻をいい感じに締めくくってくれました。



まとめ

雰囲気はモダンコリアン♪という設定で、お一人様でも入りやすく、普段着でぷらっと寄れるお店です。店内を見渡してみると女子会をされているお客様もいて、夜は宴会の予約がビッシリ入っているようでした。また、国産の虎マッコリも飲めるのも面白いですね☆焼肉が無性に食べたくなったらお店にまず電話!予約してから行って欲しいお店です。



焼肉×モダンコリアン PANCHAN焼肉 / 三田駅田町駅芝公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9