牛肉といへば、和牛!和牛といへばキレイなサシが入った霜降りこそ美味い牛肉!と思い込んでたボク。今回、大庄さんからご招待頂き、神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店へ行って、牛肉の味の美味しさ(旨味)とはなんぞや?を教えて頂きました。めちゃイイお店だったので牛肉好きな方へオススメしまーす♪



■■■神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店のイイところ■■■



【ランプキャップ公式ホームページ】



▼駅近で新店舗で雰囲気満点!



JR渋谷駅前に2017年8月16日(水)オープンしたばかりで、外装・内装ともピッカピカ♪



バルって若者達がガヤガヤしてて照明が暗い!



そんなイメージがボクの中ではありましたが、落ち着いていて気取らず、フレンドリーでカインドリーな感じのお店作りです。



大人数であれば個室もあるので交渉次第では、合コンやお誕生日会のようなクローズドなイベントにも対応できると思います。



▼お肉が踊る!?炭火焼ショーは必見!!

今風に流されることなく熟成肉は使わず、フレッシュな塊肉を炭火焼きにし、肉本来の旨味を直球勝負で味わうスタイルをとっています。



様々な部位を扱う、神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店では炭火焼の絶妙な焼き加減に心血を注いでいるとの事。



カウンター席に囲まれたアイランド型のチャコール・グリル(炭焼き台)で一気にお肉の周りを焼き色を付けたらホールドして、お肉を寝かして余熱で火を通しているそうです。



そうすることでお肉の中心部まで火が入り温かく、ほのかに赤い焼き加減ができ、柔らかく仕上がるとの事。



お肉のことを熟知した熟練のプロが本格炭火焼き塊肉ステーキに魂を込めて焼いてくれます☆

▼こっそり裏メニューで松坂牛



2017年8月22日(火)から8月24日(木)までの3日間、A5松阪牛ステーキ超特価イベントが開催されました。



イベント終了後も大々的には公表せずこっそりメニューを用意して提供していました。



折角なので、アメリカンビーフをこの後、堪能する前にちょこっと頂きました。



今回頂いたのは、松阪牛の中でもA5ランクのお肉のみを使用した赤身ステーキとサーロインステーキ。



見事な霜降りですね。和牛のお手本!という感じですね。



食べてみて思ったのは、噛まなくてもいい位柔らかく、とにかく脂が甘い!サラっとしていますね。



お肉をミルクにした印象!とボクは勝手に思っているのですが、1切れ食べただけで満足してしまいました。



▼神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店 ミート THE BEST

ここからはお店が自信をもって進めるメニューの数々をご紹介しようと思います。名称はアメリカンビーフの部位名称、(別名:****)は良く焼肉屋さんで聞く部位名称。



・ランプキャップ(別名:イチボ)

牛1頭からわずか4kgほどしか取れない超希少部位であるランプキャップのステーキです。



お店の名前だけあって、一番オシているメニュー。



牛のお尻の上の部分で、適度な霜降りの甘さと、赤身の濃厚な旨味が合わさったお肉を食べてる実感が味わえる部位との事。



確かに程良い弾力が心地良いですね。赤身部位なので霜降りにありがちなトロける美味さはありませんが、口一杯に広がるお肉のジューシー感に感動する事間違いないですね。



・アウトサイドスカート(別名:ハラミ)

横隔膜の薄い部分(背中側)をハラミと言うそうで、適度な脂肪と柔らかい肉質が印象的ですよね。最近知ったのですがハラミって内臓肉なんですね。レバーってわけではないですが、他の赤身肉とは違い、味わい深さがあります。



・フラップミート(別名:カイノミ)

僕の一番のお気に入り部位。バラの一部でヒレ肉の近くにある部位。とても柔らかく脂も程よくあって口の中でゆっくり噛めば噛む程、いろんなお肉の味わいが口一杯に広がります。お肉の複雑な美味さは、やはりこの部位が一番ですね。ワインとの相性も抜群にイイです♪



・Tボーンビーフ


腰の部位で、T字形の骨をはさんで片側にヒレ肉・もう片側にサーロインのがついた大きな肉塊がティーボーンステーキ。



骨の周りのお肉が美味い!と良く言ったもんで、骨までむしゃぶりつきたくなる程旨味が詰まった部位です。



ヒレとサーロインが同時に味わえる一挙両得的なメニュー。



・サーロイン(1ポンド)

背中のリブロースからももに続く部分の肉。きめが細かく・柔らかい肉質。ダレもが大好きな部位です。



1ポンド、約500Gのサーロインステーキは圧倒的で大迫力です。



カットしてみると熟練の焼き手さんが上手に焼いてくれています。



口の中で転がすとどっしりとした味わいで、和牛にはないお肉の旨味が濃厚です。



脂身があっても存在感を主張し過ぎず、アメリカンビーフってこんなに美味しいお肉なんだね♪と噛み締めて分かりました。




▼神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店 フード THE BEST

ステーキだけじゃないこのお店は、脇をかためる逸品料理達もオススメです。


・生オリーブのマリネ&生ハム

フレッシュな塊肉を炭火焼きにするのがこのお店の特徴ですが、フレッシュな素材の一つに生オリーブというのもあります。



よくありがちな瓶詰めされたオリーブ漬けと違って、オリーブの実が甘いんですよね。生ハムと一緒に食べると、オリーブの甘さが際立ちます。



・自家製ピクルス

お世辞抜きに酸っぱいです。すっぱ過ぎます!でもそれがいいんです。お肉にどんな脂身が少なくてもお肉はお肉。口の中がお肉で飽きてしまったらこのメニューは頼んでおきたいですよね。口の中が恐ろしくサッパリします。



・旬野菜のバーニャカウダー

彩り豊かで、オーダーしておけばテーブルが華やかになりそう♪←いつまでたっても食べられなくなってしまいそうですがw



・肉まみれ牛すじココット

ここからは、またお肉カーニバルに戻ります。



メニュー名からして、やばそう。まみれ!という文言がソワソワさせられます。



頼んじゃったけど山のように牛すじ来たらどうしようと。。でも安心して下さい!器は小さいですよ!!



バケットにちょいと乗せて食べるような上品なメニュー。牛すじをトロトロに煮込み、デミグラスとあわせる事で小宇宙が目の前に出現です。食べてみると、口の中で美味さ炸裂!まさに口内でビックバンですね!



・お肉たっぷりミートスパゲティ

『今からチーズをストップというまでかけますからね!』



と言われ試しに黙っていたら、真っ赤なはずのミートスパゲティが一転、真っ白なパスタに!



雪化粧したみたいですね。



混ぜると、お肉の濃厚さにチーズの濃厚さが加わり超濃厚ミートパスタに♪お肉のゴロゴロ感があって最高です♪



・牛すじ鉄板ガーリックライス

もはや、美味いに決まってる!そんなお約束メニュー。ステーキ屋さんなら絶対頼んでおきたい逸品です。小さいながらも存在感のある牛スジがアクセントになっています。



ガーリックの焦がした香りが米粒をコーティング。食欲が猛然とかき立てられました。お腹一杯でも食べられる〆の逸品にオススメしたいです。



・自家製香ばしいクリームブリュレ

女子に大人気というこのスイーツ、クリームブリュレ。角がない小瓶に入って表面を香ばしく焼き付けたルックスからは手作り感が伝わって来ます。



これが実に美味♪女子の為に注文したはずなのに、いつの間にか自分が1人で食べていましたw



▼神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店 ドリンク THE BEST

お肉を中心としたメニューに合せるべきワインを教えてもらいました。



・チャールズ&チャールズ ジンファンデル

ミディアム・ボディで、控えめなタンニンがいいですね。お肉に合う赤ワインってかなりとあると思いますが、スパイシーな香りがあるとお肉と良く合います。



・バローロ パトレス 2012 サン シルヴェストロ

フレッシュな果実の香りの他、ミントやペッパーの香りみたいな香りがお肉に寄り添える赤ワインと言われる所以でしょうか。酸味もあって、コッテリとしたお料理とも良く合います♪



まとめ

和牛とアメリカンビーフとの違い。噛みしめれば噛みしめるほど味が出て、食べ応えがあるのがアメリカンビーフの特徴。箸でも切れる程柔らかい和牛。火を通すとトローっと柔らかくなる和牛。どちらが好きか人によって別れるとは思いますが、お肉を存分に味わった実感を得たいのであれば断然アメリカンビーフかな!と思います。しかも和牛と違って脂っこくなく、胃もたれもしにくいと僕は感じています。また、ステーキとワインという組み合わせもこのお店だと、スタッフさんにお願いすれば合うワインを用意してくれます。がっつりまた食べに行きたいなぁ!再訪確定店です!!



ランプキャップ 渋谷店バル・バール / 渋谷駅神泉駅
夜総合点★★★★ 4.2