横浜にスイーツを食べに行く前に腹ごしらえ!ということで今話題の焼肉屋、“EatEsola”の3号店が川崎にできたと聞いて行って来ました♪



お店は建物の地下1Fにあり、店構えがすごいオシャレで最初おかたいイメージがあります。



ところが、お店の中に入るとバルのような活気があって緊張がなくなりました。



ホッとしたら、なんだかお腹が減ってきましたw



さて何食べよう?今回食べたものの中でピカイチだった逸品をご紹介しまーす♪



■■■mEatEsola 川崎店 THE BEST■■■



▼乾杯ドリンク♪

イタリアのスパークリングワインであるMARTINI ASTI SPUMANTE マルティーニ アスティ・スプマンテで乾杯!甘みがあったので一気に一杯飲み干しちゃいます☆



▼名作アボクリキムチ

アボカドとクリームチーズのキムチ。序盤の前菜として食べたい逸品。コッテリしていながらキムチの酸味が全体を引き締めてくれています。



▼限定!トリュフ香るウニ巻きとろ肉3秒炙り

厳選したミスジとウニの組み合わせ。



陸と海のコラボメニュー。



霜降りで肉質もよく濃厚な味わいのミスジと、とろ~りウニってすごい合うんですね☆



あまりの美味さにホッペが落ちそうです。



▼大判ネギ上タン塩

タン元をでっかく1枚ぺろーん!と数枚でてきました。



シコシコと歯切れ良い食感がクセになりそう。



ごま油とネギのみじん切りは、タンをより美味しく食べる為の魔法の薬味ですよね☆



▼山形産尾花沢牛極み大トロース

別名クラシタとも呼ばれている、霜降りの肩ロース。



赤身の部分と脂のバランスが良く、まるで大トロのようにトロけるのが特徴。



大葉おろしポン酢でさっぱりと頂きます。小ライスを頼んで、焼肉オンザライスしてみました☆



▼限定!いくらと和牛大トロ「炙り飯」

〆の逸品!限定!トリュフ香るウニ巻きとろ肉3秒炙りと同じく、陸と海のものを合わせたもの。



大トロのような和牛は口の中に放り込めば脂汁が流れ込み、イクラのプチプチが弾け口の中が大変な状態に!



ご飯まるごとかっ込んでみると、もう至福の笑みが止まりません。



いろんな美味さが渾然一体となって口の中で爆発しています。あぁーもう、そこは極楽浄土かと勘違いしてしまいます♪



まとめ

mEatEsola 川崎店で使われている牛肉は黒毛和牛で、“山形県産 雪降り和牛尾花沢”でした。雪降り和牛尾花沢は、寒暖差のある環境でじっくり長期間愛情をもって育てたということもあって、旨味成分であるオレイン酸を豊富に蓄えていて、雪解けのようにトロける脂がメチャくちゃ甘いというのが特徴。また、未経産のメス(こどもを生んでいないメス)のみに厳選していて、肉質が柔らかいとのこと。まさにその通りでした♪1品入魂して考案されたお肉メニューはそれぞれ食べ応えあって大満足でした。気軽に入れるのが最大のポイントですね。

mEatEsola 川崎店焼肉 / 川崎駅京急川崎駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5