都内で名古屋メシは至るところで食べられますが、名古屋味噌にこだわったお料理を手軽に食べさせてくれるお店は、まだまだ少ないです。



そんな中、都内で唯一!どて煮専門店“どて子”というお店があるのをご存知でしょうか?



昼も飲めるめし屋、夜はめしがうまい飲み屋!をモットーに!



名古屋味噌を使って“どて煮”を作り、“どて煮ベース”の様々なメニューを開発&展開している新進気鋭のお店です。



既に、“名古屋味噌 どて子 高円寺”が絶好調のようで、今回2店舗目となる“名古屋味噌 どて子 西荻窪店”がオープンし、新メニューが登場するよ!ってことで、レセプションにお呼ばれされたので参加させてもらいました。



▼どて煮専門店“どて子”の“名古屋味噌”

名古屋の家庭には必ず冷蔵庫にある!という、“つけてみそ かけてみそ”というお味噌調味料。僕も長期出張で名古屋在住時代に冷蔵庫の中に入れていました。買ってきたスーパーのカツに、“つけてみそ かけてみそ”をかけたら、味噌カツの完成!というように、お手軽調味料なんです。



そんな“つけてみそ かけてみそ”を製造販売しているナカモさんが、豆味噌である“名古屋味噌”という新たなブランド味噌を製造し、それを“どて子”で使っています。このお店の核となるメニューである“どて煮”を作る為だけに使っているのではなく、デミグラスソースに混ぜてコクを引き出したりと、隠し味にも使われている“名古屋味噌”。



今回、そんな“どて子”の数あるメニューの中でピカイチだった逸品をご紹介しようと思います。



▼どて煮専門店“どて子” THE BEST

・味噌カツ

名古屋メシの象徴的存在ですね。おつまみとして序盤に味わいたいメニューです。



・ハムカツ(味噌味)
庶民の味方、ハムカツ。厚切りハムに名古屋味噌タレが絡むと絶品!ハムの塩っぱさと甘辛味噌ダレとの相性が抜群に合います。



・レバカツ(味噌味)

この店で一番!と思う逸品!レバカツにソースが鉄板だと今まで思い込んでいましたが、その上がありました。味噌ダレがレバーの濃厚さと相まって極上の一皿に!レバーの独特の臭みを味噌が封じ込めているような印象もします。ソースよりも味噌!レバカツ食べる時に味噌ダレなくして食べることなかれ!と言いたくなりますね。





・どてカツカレー

サクサクカツが乗ったカレーに、どて煮が加わったメニュー。カレーの辛さと、どて煮の甘さが見事に調和していました。



・麻婆どてめし

このピリッと爽快な香りがするのは花山椒かな?パンチのある香り高い麻婆豆腐と甘辛な、どて煮。味噌の香りも強いので麻婆との相性が抜群です。試食なのにお代わりしてしまった唯一のメニューです。



・ころうどん

夏に名古屋でうどんを食べたいなら、この食べ方が一番!冷たい和風だしと冷たいうどん。それにどて煮をかけたもの。あっさりうどんにコクが加わってこれは美味。味噌煮込みうどんよりもあっさりしていて、熱くなくスルスル入って来ます。



・焼きいなり

〆の逸品をチョイスするならコレ!味噌味のお稲荷さんって初めて!中には肉みそっぽいかやくご飯が入っているお稲荷さん。炙られているので香ばしくてドンドン食欲が湧いてきます。



まとめ
味噌はその土地の食文化の重大な要!豆味噌って作るのが難しいと言います。それをナカモさんが名古屋味噌として再度ブランドを練り上げ作り、どて子のシェフが、その名古屋味噌の魅力を最大限引き出し、逸品を生み出す!見事な連携がとれた名古屋味噌グルメを食べさせるお店であったと思いました。また行きたいです☆