銀座みやま・鯖みやまを運営している、株式会社みやま物産の3軒目となるお店。



このお店のコンセプトは、長崎は美味しい!をモットーに、肉・魚・野菜・果物・米・酒・調味料に至るまで、長崎の美味しいところを余すことなく味わえるお店。



まるで長崎の居酒屋が丸ごと引っ越して来たみたいですね。



その長崎の食材を使って銀座みやまのノウハウを取り入れ、洗練されたメニューに仕上げているとの事。



とてもとても素晴らしいお店だったので、長崎まるごと屋の美味しいところにスポットを当てて、ご紹介しようと思います。



■■■長崎まるごと屋 THE BEST■■■





▼生からすみ

長崎県産のボラから作ったとされる、生からすみ。



江戸時代より長崎一帯(肥前国)で作られる、からすみは越前国のウニ・三河国のコノワタとともに日本の三大珍味と呼ばれ、高級な酒肴として珍重されています。



野菜スティックに乗せて頂くのですが、からすみは生なのでネットリとした味わいで、潮の香り・ツブツブ感が舌の上に広がりたまりません。



▼あぶり鯖寿司

五島列島、対馬海峡という栄養豊富で豊かな漁場で獲れた大きめのサバを使った“鯖寿司”。



まず見た目がキレイですね。店内で炙りたてを巻物仕立てで頂きます。炙ってあるので外側は香ばしく、中はレア。鯖の脂と酢飯の相性が抜群です。



今回はお通しとして頂いたのですが、2切れとは。。丸々1本食べたいです。1切れ1切れ大事に味わいたくなる逸品です。



▼漁港直送 名物長崎盛り

今回は真鯛・コシナガマグロ・タマメ・マダコ・しまおうのカマボコの5点盛り。



九州特有の甘いお醤油で頂きます。



お刺身に共通する事はしっかりとした歯応えでプリップリ。



鮮度の良さを感じます。



▼壱岐牛のレモンステーキ さっぱりorこってり

高級和牛として有名で、ミネラルをたくさん吸収して育ったとされる壱岐牛。



鉄板の上に玉ねぎスライスを広げ、その上に壱岐牛のスライスを乗せ、レモンをトッピング。



ニンニクベースの醤油ダレを上から注いだら力強い蒸気と香りが狼煙のように立ち昇ります。



さっぱりと、こってりの違いは、さっぱりはモモ肉、こってりはバラ肉なんだそうです。動画も作ったので良かったらご覧下さい♪



▼うちわ海老 ガーリック炒め 5食限定

エビフライが売り切れていたので、こちらをチョイス。資源保護の観点から漁獲期間と漁業権も決められている希少価値が極めて高い海老。



きのこ類とともに炒められていました。殻が硬いので解体するのに戸惑いましたがこれが面白い。



バキバキ言わせながら身を取り出します。ミソも少量ではありますが食べられるのを忘れてはいけませんね。



プリップリの海老で身が濃厚。ガーリックの風味に負けてない程味わい深いです。



▼真鯛のブロバンス風

ココにきてフレンチ?パリッと焼けた真鯛の切り身の上にトマトベースで複数の野菜とともに煮込まれたソースをかけて頂きました。



トマトの酸味が真鯛の甘さを引き立てますね。実に相性が良い組み合わせです。



僕もこの料理にトライしてみたいですが、いつもの家の焼き魚とは違い、思いっきり上品な味わいです。



▼ちゃぽりたん

ちゃんぽんめんで作るナポリタンを、ちゃぽりたんというそうです。食べてみるとクニュクニュとした味わいがしてなんだろうと思ったらカマボコのようでした。



パスタやスパゲッティーと違って、ちゃんぽんで使われる麺は味を吸い込んで柔らかくなっていました。



こういう組み合わせもありですね。〆にもってこいの逸品だと思います。子供も好きになってくれそうです。



▼長崎の日本酒

・幸橋 純米吟醸

華やかな吟醸香が香りが印象的でした。



上品な米の甘さがして、乾杯に相応しい一杯です。



・みずの光彩(きらめき) 特別純米

程よくキレのあるお酒でコクがあります。



純米の旨味と芳醇な薫りが絶妙なバランスで口中にやさしく広がります。



まとめ

長崎県の名産品を、洗練されたものに仕上げられている“長崎まるごと屋”メニューの数が他に比べ少ないと僕は感じました。でもそれは逸品逸品に、コダワリを持って、お客をもてなしたい!というお店側の覚悟なのでは?と思いました。どれもこれも食べるもの珍しく、舌鼓打ちっぱなしでした。





長崎まるごと屋居酒屋 / 銀座)
夜総合点★★★★ 4.1