高知県土佐清水市の食材を使った居酒屋さんのオープニングレセプションに、ご招待されたので行って来ました♪




▼土佐清水ワールド 東京上野店 のココがイイ♪

高知県のアンテナショップは既に東京にはありますが、高知県土佐清水市だけに注目!



というような市町村単位で、情報発信している飲食店はなかなかお目にかかりません。



そんな土佐清水市という一地方都市で埋もれた食材にクローズアップし、地元の海産物などの生産者(水産加工業組合)や自治体と連携することで、市場に出回にくい鮮度抜群で希少価値が高い魚などを、食べさせてくれるというのが、この店のコンセプトになります。



▼土佐清水ワールド 東京上野店 FOOD THE BEST

かつお節よりも味・香りともに味わい深く、高級品でもある“宗田節”を使って、土佐清水市民が慣れ親しんでいる、その土地ならではの食べ方を、主力メニューとして提供しています。ここからはレセプションの為に、今回特別に用意して頂いたメニューの中から、特にインパクトのあったメニューをご紹介しようと思います。



・宗田節とじゃこのサラダ

土佐清水ワールド 東京上野店内、入口に宗田節を0.01mmという薄さで削る機械が設置してあり、お通しとしてこの宗田節がお代わり自由で食べられます。





もちろん、お料理の中でも使っているので宗田節が足りないと感じた時は、“追い宗田”としてかけて頂く事もできます。







宗田だしトマト・宗田だし小夏・宗田だしにんじんというサラダ専用ドレッシングをかけて頂くのですが、サラダに宗田節が加わる事で旨味が増します。



・かつおの藁焼き塩たたき

高知といえばカツオのタタキは有名ですよね。



たくさんの薬味とともに厚切りされた鰹はモチモチしています。



これにかけるお醤油にも宗田節が効いていて旨味が加わって、よそで食べる鰹のたたきとは別物!格別の美味さでした。



・長太郎貝浜焼き

長太郎貝というのは高知での通称で、最初にこの貝を発見した方が長太郎さんだったとか。



一般には緋扇貝(ヒオウギガイ)というのだそうです。



カラフルな二枚貝ですよね。店内の証明にも使われていて、ビックリです。



人工的な着色ではなく、自然な色なんだそうです。ホタテのような味わい。



宗田節が効いたお醤油を焼き上がりにかけることでメイラード反応が起こり実に味わい深くなります。



・四万十ポークの宗田節だしカツ

トンカツが出汁の中で浮いている!?小鍋一杯に宗田節を使った出汁を張り、キャベツの千切り・ネギが沈められています。



その上にカラリと揚がったトンカツがちゃぽん!と浮いています。



トンカツの下半分は出汁の美味さを吸いヘタッと、上半分はサクッとした食感が味わえるようになっていました。



・宗田節だしのだし巻き卵

だし巻きの中にももちろん宗田節のお出汁が入っており、その周囲も出汁が張ってあり、出汁とともに頂く!だし巻き卵です。



フワフワとした食感は絶品です。



具合が悪いときにこういうのを食べたらたちまち元気になりそうです。家でも作れないかマネしてみようと思います。



・藁焼き焼きさば寿司

かつおの藁焼き塩たたきとは、違った味わいで、炙った鯖は脂が乗って旨味が活性化しています。



寿司飯との相性もよく、いくらでも食べられそうです。



・せいろそば

宗田節が練り込まれている蕎麦。これを宗田節が効いた麺つゆで頂くと、口の中が宗田節の香りで一杯になります。



さっぱりしていながらも真が通った蕎麦で面白かったです。



まとめ

お店のメニューを拝読しているとこれ以外にも、高知県土佐清水産の海産物を使ったお料理が目白押しでした。また、レジの横には高知県土佐清水産品の販路拡大につなげるべく、実際このお店で使われている調味料や宗田節が手に入ります。まさに居酒屋さんにアンテナショップが併設されているかのようですね。オープン後落ち着いたらまた、お邪魔したいと思います。高知県土佐清水市に行った気分が十分味わえるお店だとボクは思います。オススメです♪





土佐清水ワールド 東京上野店居酒屋 / 上野駅京成上野駅稲荷町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5