東京ディズニーリゾート・チケットセンターにて今回、ディズニーランドとディズニーシーの両方に行ける年間パスポートを購入したのですが、舞浜駅から徒歩ですぐ!イクスピアリの1Fにあります。



年パスは他では、東京ディズニーランド側にある、イーストゲート・レセプションでも購入可能なんですが今回は、東京ディズニーリゾート・チケットセンターで購入しました。



via ディズニー公式年間パスポート

今回、初めて年パスを買ったので、東京ディズニーリゾート・チケットセンターの内部はどうなっているのか、実際この目で見てきたのでリポートしようと思います。



東京ディズニーリゾート・チケットセンターの窓口で会計をサクッ!と済ませると、カード型の年パスを登録・作成する為に建物の中に通されます。



年パスに登録する個人情報や約款などを書いたり、チェックしたりとする台があり、事務手続きを終えると、いよいよ写真撮影のお時間です。



年パスに掲載する写真は、パークインする入園ゲートの専用モニターで写真表示され、キャストがマジマジと顔認証しようと見つめてくるので、バッチリ笑顔で撮ってもらいたいですね。



ところが、写真撮影する部屋に通されると、中にカメラマンがいませんでした。部屋の奥には、一方的にカメラレンズがこちらに向いています。よく見ると隠れミッキーを発見したりと面白いデザインであることに気がつきます。



そうこうしているうちに、別部屋に待機しているカメラマン役のキャストと、小さい小窓越しにマイクで会話しながら写真撮影など、もろもろの手続きを進めて行きます。



個人のID確認を免許証等を提示して確認してもらった後、ミッキーの可愛い椅子に座って、写真撮影のお時間です。撮影した写真はカメラレンズの左隣にあるモニターで確認することができます。納得が行かなかったら再度撮影してくれます♪ただ、一発でビシッと決めたいですよね☆東京ディズニーリゾート・チケットセンターへ行く前に身だしなみを整えておくと吉です。



写真撮影が終わると小窓の奥の方で、年パスが作成され出来上がるまでしばし待ちます。出来上がった年パスを手にしたら手続きは終了。全作業工程で15分もかからなかったと思います。あっという間にできた印象です。




年パスのサイズは、1dayパスポートと同じくらいの大きさの為、ディズニー内で販売されているパスポートケースに収納できます。ということで、年パス作ったその足で、パークイン!!

まとめ

“1年に1度しか入れない”と題名にかきましたが、年パス作るところに、そもそも2度・3度も行く事はありません。お値段がお値段だけに、そうやすやすと作りに行けるものではありませんが、もし今後先々ディズニーの年パスを作る機会がありましたら参考にしてみて下さい☆僕は忘れられないくらいのドキドキ・ワクワク感を味わい、良い思い出になりました☆