東京都現代美術館に行ってからの木場公園にて、ポケモンを取りに来たついでに近場でオススメグルメを探していたら、ここのお店にたどり着きました♪


昼間はカフェとして、夜はハンバーガーを中心としたお酒が飲めるハワイアンバルとのコト。



お店の方にオススメを伺いながらメニューをオーダーしたので特にインパクトがあったものを、ご紹介しようと思います。



■Cafe&Bar Field THE BEST■



▼グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)

乾杯の一杯目は、最近“生ビール”として取り扱いはじめた“グランドキリン”。お店の方によるとフローラルな香りを引き出した、日本の感性が注ぎ込まれたジャパン・ペールラガーとのコト。爽やかに軽ーくはじめる一杯としてピッタリです。



▼自家製サングリア(赤)

しっかり果物が入っていて、パンチのあるワイン。どことなくスパイシーな香りがする一杯でした。



▼蒸し鶏とパクチーのサラダ

パクチーの強烈な香りが食欲をそそります。



ホロホロ柔らかい鶏肉と相性が良いですね。



▼築地石司さん家の本マグロとアボカドの和風ポキ

聞くところによると、ポキとはハワイ語で“切身”のことで主にアヒ(マグロ)などのシーフードを野菜と一緒に醤油ベースのソースに漬け込んだ、お寿司屋さんでいうとこの“漬け”に近い、ハワイを代表する料理の一つなんだそうです。



今回は築地の仲卸“石司”さんからマグロを仕入れ、Field流に醤油ベースのソースに漬け込んでいました。



脂身の少ない赤身の部分が漬けにすることでネットリとしていて、そこにアボカドのコッテリとした味わいと良く調和します。バケットに乗せて一口で頂きます。全体的にあっさりとしているので、いっくらでも食べてしまいますね。



▼メカジキのカツレツ

カジキマグロって結構クセがあるように思われますが、ここのカツレツは下ごしらえがしっかりしています。恐らくハーブを数種類使っているのだと思います。サクッとカリッとクリスピーでメカジキの良い香りが実に味わい深いです。タルタルソースか、ピリ辛のチリソースにディップして頂くのですが抜群ですね。美味さがひとしお増しますね。魚のフライを今まであちこちで食べてきましたが、コレほど感動したのは初めての体験です。



▼パインベーコンチーズアボカドバーガー+温玉

粗挽きのゴツゴツ感が残る程度にひかれた歯応えあるパテにカットされたアボカド・トロトロコクのあるチェダーチーズ・カリッと焼きあがったベーコン・表面をローストしたパイン・温玉がONされた全部入りバーガー。



トッピングは、プラス150円すれば増せます。注意したいのがハンバーガーとしてのバランス。乗せすぎると、ハンバーガーとしてバランスが崩れ食べづらく、せっかくバンズ・パテ・トッピングの三位一体の美味さを理解できなくなります。



欲張らずに、最低限のトッピングにとどめておくのが吉だと思います。



ちなみに僕が次回食べに来るとしたら、ハンバーガーに、チーズとベーコンとパインをトッピングしたいと思います♪



まとめ

東京都現代美術館の向かいにあって、木場公園からも近く外出がてら寄るにはうってつけのお店ですね。天気が良ければ、テラスでくつろぐのもいいですね☆雰囲気がとても良く、地元民からの熱い支持があるのも、うなずけます。

関連ランキング:カフェ | 清澄白河駅