行徳のクリーニング屋さんに行く際、気になるお店を発見!どうやら盛岡で人気らしい、コッペパンの専門店のようで2017年4月28日(金)にオープンしたとのコト。行列もできていたので、朝昼兼用がてらテイクアウトしてみようと並びが少ない時間帯を狙っての訪問です。



▼(食)盛岡製パンとは?

盛岡からやってきたコッペパン専門店をご存知ですか?



盛岡市内にはコッペパンを売りにしているお店があるそうです。そんな盛岡名物が、市川市行徳駅近くにできたとのこと。



▼行列待ち時間は?

13:00に行ってお店を出たのは13:30頃。待っている間はコーヒーの無料サービスが受けられます。テイクアウト専門店ということもあり、お店の回転はかなり早いです。



オーダーが入ってから一気に作るのですが、手際いい職人さんがテキパキ仕上げておられるので待っている実感がありませんでした。



▼コッペパンメニューが豊富!

全28種類!ものすごくレパートリーが多いですね。



悩みに悩んだ挙句今回は、4種類買って帰りました。食べてみて思ったのですが、ものすごくボリュームがあります。女性ならコレ1個で大満足間違いなしですね☆



・削りバターといちごジャム

バターを削るってどういうこと?と思って見ていたら、こういうことでした!↓動画を御覧ください♪



バターといちごジャムってなんでこんなにも相性がイイのでしょうか?



子供の頃大好きだった味わいを、コッペパンで再現!一口かぶりつくと、ふっくらとしたコッペパンの中から濃厚でインパクトのあるジャムとバターが突出してきました。



あぁ〜懐かしい味わい!オシャレなパンも良いけど、本当はこういうパンで育って来たんだよなぁと懐かしさを覚えるほど。美味しい記憶が蘇ってきました。



・前沢牛コロッケ

サクッとした衣の中からは、ほっこりとしたジャガイモと、照り焼きソースをあわせた岩手特産の前沢牛が入っていました。



コロッケとパン。もう間違いなしの組み合わせですね。前沢牛が入る事でグッと豪勢に感じますね。



・やわらか八丁味噌カツ

どことなく名古屋めしのイメージが強い八丁味噌とトンカツ。しかしコッペパンで挟まれたら盛岡のモノ。



ソース・揚げ物の濃い味付けのものとコッペパンって非常に合いますね。すごい包容力をコッペパンから感じました。



・昔ながらのナポリタン

トマトケチャップのコッテリとした味わいがコッペパンに挟まれると、足し算以上の美味さを発揮しますね♪
 


昔学食の購買で食べたパンを思いだしますね♪



まとめ

このお店のイイトコロは、コッペパンは“冷めても美味い”ということです。学校給食でもコッペパンを何年も食べてきましたが、冷めても美味しいのが特徴だと思います。テイクアウトする際も、アツアツではなく常温に近い状態だったと思います。家に持ち帰ってもテイクアウトしたから味が落ちたという気持ちにはならないはずです。お土産や差し入れにもいい!と思っています。テイクアウトにコッペパン!差し入れにコッペパン!オススメです☆ 

※尚、お店の方の取材をもとにレポートを書いています。

関連ランキング:パン | 行徳駅