九州の料理を都内で展開するお店はあまたあると思います。


でも、その中でも本当にこだわった料理を抜群の鮮度で出すお店は少ないのではないでしょうか?





そんな中、東京メトロ東西線 木場駅超近くに素敵なお店と出逢ったのでご紹介します。





(本当は教えたくないコブの居酒屋リストなのですが(笑)

■九州 熱中屋 木場 LIVE THE BEST



▼活豊後サバ刺し

鮮度にこだわった“活豊後サバ刺し”熱中屋 木場店で出逢った名物看板料理で、ご主人イチオシの逸品。大分県豊後水道から、生きた状態で仕入れていました。



注文してから間もなくご主人が、コレ今からさばきますんで!と、いきなりビチビチっ!生きたサバを持って来られたのには驚き!



鮮度抜群であることをマジマジと見せつけられました。期待度100%ドキドキワクワクしますね。



薄切り・厚切り・たたきの三種の食べ方を提案してもらいました。黄身醤油・ワサビ醤油・生姜醤油で頂きます。



サバは厚さによって味わいが変化するということなんですが、薄切りはプリプリしていて、厚切りはコリコリとした歯応え。たたきは厚さがマチマチなのでコリコリプリプリとしていました。



今までサバをあちらこちらで食べてきましが、切り方一つでこれ程味わいに変化がでるとは思いもよりませんでした。



脂も適度に乗っているのですが、嫌味がない程度のノリ具合で、旨味もタップリ乗っていました。サバがこんなに味わい深い魚だとは驚きです。お店のご主人が超オススメされるのも理解できます。



身を食べたら、残った骨は、サバ骨せんべいとして再度出して下さいます。余すことなくサバを堪能しきった!という満足感が得られました。



▼博多一口鉄板餃子

驚くべき3段仕掛けで食べさせる餃子!“にぎりたて”をお持ちしますね!とスタッフの方より言われしばし待つことに。



おにぎり用語にも見えますが、実は餃子を包む時に“にぎる”という表現を使われていました。



注文を受けてから“にぎる”餃子が、アッツアツの鉄板にギッチギッチに詰め込まれた状態でやってきました。まずは第一弾焼き立てをアツアツの内に頂きます。



第二弾、しばらくすると、ゆずスコがテーブルに置かれました。途中脂っこいと感じた方は、このゆず風味のタバスコをかけて頂きます。やってみるとサッパリとして辛味があってパンチのある味わいに変化します。



第三弾、会話をしていると、どんなにアツアツの餃子も冷めてしまいますよね。すると、スタッフの方が“ちょっと借りて行きますね”と急に下げだしました。何をしてくれるのかなぁ?と待つこと数分。



何やら、スープに浸して戻って来ました。そう、九州名物“炊き餃子”にして温め直して提供してくれたのです。温め直すのでは芸がない。アレンジしてアツアツを再度提供するお店の心意気が嬉しいですね。とんこつ風のスープと餃子は出会いのもの。そういえば両方とも豚を使っているのだからマッチして当然ですかね。素晴らしい組み合わせでした。



▼安納芋のポテトサラダ

酒のアテにもなり、スイーツにもなるポテサラ。種子島の甘い安納芋で作ったポテトサラダ。甘くてネットリしたマッシュ状のサツマイモの中には角切りになったサツマイモと人参が入っていました。



そのポテサラの下には、ハリの様に細くカットされたサツマイモを、揚げて蜜でカラメたものが敷かれていて、パリパリポリポリとしていました。白いのはホイップクリーム。



このサツマイモの様々な食感を一度に味わえるのはイイですね☆いつものポテサラとは違い、サツマイモの甘みが最大限引き出されたポテサラと断言できます。女性に大人気という理由もうなずけますね。



▼かんころ餅

長崎県五島の特産品として有名で、甘いサツマイモをもち米と混ぜ込んだお餅です。



実は、これには焼酎が合うということで、お店の方が五島芋【長崎五島列島】という五島列島の甘しょ(さつま芋)を使った焼酎を持って来て下さいました。



焼酎にしてはすっきりとした味わいで、サツマイモの甘みも感じられる焼酎でした。



かんころ餅を一口かじっては、焼酎をグイッと一口。これが実に合うんですね。



焼酎って甘いものとの相性がいいんでね。今まで味わったことがない組み合わせ故、新鮮な味わい体験をしました。これは病み付きになりそうです。



▼特注 熱中屋 明太子テイスティング3種

お通しとしても出てくる明太子三種盛り。本場、博多から直送しているそうで、様々な味わいの違いを感じることができました。



・超辛:それほど辛くはありません。明太子の粒粒感が舌の上でしっかりとらえることができます。明太子のお手本的な味わいとでも申しましょうか。

・柚子漬け:さわやかな柚子の香りがして、アッサリとした口当たり。明太子特有の魚卵臭さが少し苦手な方にオススメしたいですね。

・昆布〆:昆布の出汁が効いた逸品。明太子の旨味を最大限に引き出していた逸品だっと思っています。コクうま重視の明太子といった印象を受けました。



これらをお酒のアテとして頂くのも良いですが、希望に応じて御飯をオーダーすることもできます。明太子に御飯。日本の和定食の基本ですよね。御飯の甘みが、明太子の美味さをグッと引き上げてくれますね。胃袋に余裕があるなら御飯も注文しておきたいですね。



▼中州とんこつラーメン(バリカタ)<ミニ>

中州の屋台にも負けませんよ!とお店スタッフ自信たっぷりの逸品。こってり濃厚で、口の中に膜が張れそうなほど。〆には最高ですね。ただお腹一杯だと辛い場合、ミニサイズもあったので今回はそちらをオーダー。



▼福岡名産!!あまおうジェラート

福岡といえばイチゴの産地としても有名ですが、そのなかでも、“あまおう”はあまりに有名。今回、その“あまおう”を使ったさっぱりジェラートをオーダー。口の中で程よい酸味と甘さが広がり、食後のデザートして最高でした。



まとめ

もう困りました!わざわざ九州へ行く理由が、食べたい九州飯が、そう簡単に見つからなくなりそうです。九州が都内に引っ越して来たみたいです。最高に鮮度が良い状態の魚、本場で古くから根付く逸品料理が、都内でたべられるとは、これ程ありがたい話はないですね。

また、お店のスタッフさんのキビキビとした行動、お客さんとの積極的な会話などを大事にすることで、お店の雰囲気も良くまた通いたくなってしまいますね。リピーターが多いのもうなずけます。僕も熱中屋の熱烈なファンになってしまいました。また必ず再訪したいと思います☆☆

関連ランキング:居酒屋 | 木場駅東陽町駅