神田駅東口より徒歩1分のところにある但馬牛を中心に味わえる焼肉専門店“LAON”。



神戸に住んでいた人間としては一度は行きたいお店で、お友達とともに行って来ました♪



店内は、バーカウンターのようなお店作り。穴場っぽい作りですね。神田ってこういうお店が流行るんですよね。肩肘張らずに入店できるお店ですぐに好きになりました。



ビールの冷たさを2時間キープしてくれるという素敵なジョッキ。“キリン一番搾りの魔法のジョッキ”に注がれてビールがやって来ました♪やっぱ焼肉ったらビールでしょ!ダラダラ飲んでもヌルくならないビール。焼肉は高温なのでこういうジョッキでのサービスはありがたいですね♪



■■■神田 LAON THE BEST■■■

ここLAONのお肉は全部、但馬牛(たじまうし)A5のメス牛をメインに使用しているそうです。但馬牛とは兵庫県産の黒毛和種の和牛のこと。神戸牛が有名になったのはこの但馬牛があってこそ。そんな但馬牛推しのLAONの中でも特に印象的なメニューをご紹介しますね。

▼特製ナムル盛り

三種盛りナムルは良く見かけますが、これを一気に混ぜ合わされたものに、お肉が入った特製ナムルです。お野菜がゴマ油とあいまって、実に前菜として持って来いですね。焼き肉食うぞー!という気にさせてくれます。 



▼特上タン

いつもと違ったシコシコとジューシーな味わいがするタンでした。



盛り付けもキレイで、何も漬けづとも味がついていて気軽にポイポイ口に運べてしまうのがイイですね。ササッと炙る程度に焼き上げるのがコツですね☆和牛の牛タン最高です!



▼もつ盛り合わせ

小腸・ハチノス・ハツ・ヤゲン・ミノが入っていました。



ピリ辛味噌っぽい味付けで下味がついていました。モツ臭さがなくって実に食べやすかったです。国産和牛であった点も食べやすいポイントなのかもしれませんね。



▼特上ハラミ 

ハラミ肉の塊肉。実に迫力がありますね。焼きあがったら一口大に切って食べるようアドバイスを頂きました。これがジューシー極まりない美味さ♪一口口に入れたら肉汁が溢れ続けます。




サンチュにまいて頂くと美味さひとしお増します。



▼LAON's肉盛り

牛ササミ・ランプ・インサイド・カイノミ・ボンショーといった部位で、単なるカルビやロースといった部位とは違い、コダワリ抜かれた部位を選抜し豪華に盛られていました。



僕のイチオシはこの中では牛ササミ!別名、厚切り三日月カルビとか言われたりもしますが、一頭から10人前程しか取れない希少なバラ肉との事。繊維質な赤身と霜降りの多さと甘さが特徴的でした。もちろんその他の部位もサシが適度に入り、和牛の旨さがジュワッジュワ伝わってきます。



▼1本カルビ

ものスゴイ長い皿に、長いお肉がやってきました。カルビがダラ~ンとやってきました♪

 

カルビって長くカットしようとすればこのように長くカットできるんですね。



焼いてからハサミでカットするのですが、これが大変!焼き上がる前にカルビ脂に引火して火事一歩手前!みんなで消火しながらワイワイ焼いて食べるのが楽しいです☆



▼LAON's TKG

LAON式 玉子かけ御飯。これが驚きの逸品。韓国のりとネギ・ゴマなどTKGではお馴染みの顔ぶれだが、野沢菜のキムチが入っているところがこのお店の特徴。グチャグチャに混ぜて頂くわけですが、ゴマ油と野沢菜キムチとの相性が抜群なんです。



野沢菜のキムチってなかなかお目にかかれないですね。今まで食べて来たキムチの中では日本人が一番好きなキムチといえるのではないでしょうか。和風っぽいキムチですね。お持ち帰りしたくなる程ハマりそうです。



まとめ

大手焼肉量販店では、あまり見かけない工夫作りをしておられました。このお店、小さいなりに1つ1つにコダワリを持っている点に好感を持ちました。例えば、焼肉に合せるつけダレにはフルーツや野菜をすりおろし、特製スパイスを配合したオリジナルソースで味付けをされているそうです。メニュー作りにしても他では味わえない何か一工夫をしていて、それを発見しにお店に行くのも面白そうですね。



関連ランキング:焼肉 | 神田駅岩本町駅新日本橋駅