究極の産直鮮魚居酒屋!ってどんなんかな?と気になっていたところ、九州出身のお友達に産直居酒屋のイチオシ店を紹介してもらい行ってきたのでご紹介しようと思います♪



鹿児島には既に鮮魚居酒屋を2店舗“魚人島じんべえ”を展開しているそうで、恵比寿店は東京の1号店なんだそうです。



朝とった魚 薩摩 じんべえさんに送り込まれて来る魚は、鹿児島で朝の内に穫れた魚を市場で目利き人のプロが、せり落として30分後には飛行機に乗せて送るというもの。



途中に仲卸が入らない為、鹿児島の鮮魚を都内で一番早く味わうことができるわけですね。



■朝とった魚 薩摩 じんべえ THE BEST

・今回、この鹿児島産の鮮魚とマリアージュした日本酒を厳選してご紹介しようと思います。

▼自家製ポン酢でしらすおろし

少し甘めのポン酢をかけた大根おろしの上に、しらすがたくさん♪何故かしらすが力強い味わいで存在感をしっかりキープしていました。日本酒の序盤のお供に最高ですね。



▼明太子の天ぷら

日本酒のお供に、生の明太子や炙り明太子を頼む事は良くありますが、天ぷらで頂くのは今回が初めてです。明太子の旨味を閉じ込めた半生仕立ての天ぷらは絶品ですね。酒がすすみます。



▼屋久島産飛魚でふわふわ揚げたて薩摩揚げ

いつも食べている薩摩揚げとは全くの別物。こんなフワッフワな食感の薩摩揚げって初めて♪実に美味。



▼刺身盛り合わせ

二ギス・太刀魚・平政・星鰹・石鯛・イサキを頂いたのですが、とくにその中でも白身魚特有の旨味をしっかり味わうことができました。日本酒との相性も抜群です。



あんこうの肝醤油を少量つけると味わいに深みがまします。



▼絶品!炉端の海鮮焼き

浜辺でBBQしたくなったら、このお店で堪能しましょう。



七輪の下からバーナーで上から炙っていると、味噌の香りがしてきます。食欲を猛然とかき立てられますね。特にタコのプリプリ感がイイですね♪

 

▼たっぷりウニとイクラの釜めし

〆の逸品でこれを頼めば、誰も文句は言わないでしょう。



ウニの甘さ、イクラのプチッとネットリ感が、出汁を吸い込んだ炊きたてご飯と実に合いますね。



僕の中では、もはやデザートですね。1人で抱えて食べたくなっちゃいます♪はぁー幸せ☆彡



▼三井の寿 純米吟醸山田錦+14大辛口

これら絶品の魚介類と合わせたいのが、まずは糸島産の山田錦100%使った日本酒。旨味がしっかりと乗った純米吟醸です。



裏のラベルを見てビックリしました。あのバスケの人気アニメ井上雄彦の”スラムダンク”に登場する“三井 寿”とかけているとかww笑いどころツッコミどころもある日本酒でした。



▼澄川酒造場 純米吟醸酒 “福冨”

東洋美人で知られる山口県の澄川酒造場に特注した“朝とった魚 薩摩 じんべえ”オリジナルの純米吟醸酒“福冨”。



世界的な金箔アーティストで有名、裕人礫翔氏がラベルデザインを手がけたそうで、マネができない日本一の居酒屋を作りたい!という意気込みがこの日本酒には込められているそうです。



香りは穏やかで、豊かなお米の旨みを感じながら、マイルドで爽やかな後味のあるお酒でスイスイと進み、食中酒として最高の一本です。



まとめ

恵比寿でお魚料理!と言ったらもうここ一択でいいのでは?と思う程、いい店でしたぁ♪何を食べてもコダワリのウンチクが聞けて楽しい美味しい。お料理もお酒もさることながら、店内の雰囲気デザインもなかなか落ち着きますね。全体的に明るくて、柔らかみのある空間には、インテリアなどを手掛けるクリエイター集団waza japanがデザインを担当しているんだとか。テーブルや椅子・柱などいろんなお店のあちこちに心落ち着く仕掛けがしてあるのでそこんところも見逃せませんね。また、ゆっくりお邪魔しまーす☆



関連ランキング:居酒屋 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅