AMN様 reviews(レビューズ)経由で前回お邪魔させて頂きました、ぺんてるさん主催“GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel”のブロガー限定内覧会に今回も御招待頂きました。

第一回目は2014年、第二回目は2015年にも期間限定でオープンされていた“GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel”は、合わせて約11,000人もの方が訪問されたそうで、第三回目の“GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel”は 2017年2月4日(土)~3月31日(金)まで期間限定でOPENします。

場所は、銀座 B.E.HOUSEと言って、様々なブランドとタッグを組んで新しい発見や体験を追求する、今までにないスタイルの日比谷Barで行われました。





▼過去記事紹介

炎上ブロガー殺人事件!?期間限定“GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel”が犯行現場??
http://kobu.blog.jp/archives/55361663.html




■■■GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentelブロガー限定内覧会内容■■■



▼2017年度のテーマとは?☆

今回は、“RAKUGAKI FACTORY”なんだそうです。



今回プリ・テック株式会社の協力を得て、店内は工場をイメージさせる内装でテーブルや椅子・壁・床柱にコダワったそうです。



特に壁においては、壁に脱着可能な厚紙をはめ込んでおり、ある程度落書きで埋め尽くされたら壁紙を張り替えられるようになっているとのこと。またその他床・柱・テーブル・イスなど店内にあるもの全てに、らくがきが可能なんだそうです。



▼らくがきしたくなる新コンテンツ☆



・研究コーナー♪

店内は様々な仕掛けがあって、白い研究デスクや無地のノートなどが用意されていて、急に学生時代教科書やノートの隅っこにパラパラ漫画を書いていたあの頃を思い出しました。





このように、らくがきをしたくなるような仕掛けがあったのが面白かったですね。





・顔の落書きコーナー♪

友人や自分の顔にらくがきして、SNSへ拡散しよう!というもの。自分の場合のらくがきは、鏡を正面に見てアクリル板の上から消せるペンで描きます。



友人にらくがきしてもらう時は、アクリル板が鏡から観音扉のように開けられる為、向い合せてらくがきしてもらいましょう。



・ゆびえのぐ体験♪

手袋に手を入れて描く為、汚れず無茶苦茶ならくがきが楽しめます。



・トリックアートのような記念撮影用オブジェ登場

ぺんてるの巨大くれよんパッケージの箱からコンニチハ!
※写真提供:QT/mode 大熊さん:http://qtmode.com/




・らくがき体験♪

真っサラな店内に描き初め!中にはブラックライトが点灯する壁があります。



そこではブラックライトを照射すると発光するペンで描くのですが、ある一定の時間が来ると、ナイトアクアリウムのような演出が!



店内が暗くなり、アップテンポな音楽に合わせて点灯点滅を繰り返します。



・らくがきトートバック・ワークショップ体験♪

布描きくれよんで絵付け体験をしました。布描きくれよんで装飾するのですが、トートバックの無地のものに、クレヨンで描いて、アイロンがけするとトートにペイントできちゃうというもの。世界でたった一つだけのMyトート。自宅でも思わずやってみたくなりますね。



▼美味しくは楽しく♪フード&ドリンク♪♪

らくがきを楽しむ合間、ぺんてるらしい面白い仕掛けがされている、フードやパステルカラーのドリンクが今回も健在でした。



フードやドリンクは、ぺんてる女性社員と銀座B.E.HOUSE日比谷バーの調理スタッフが、ディスカッションと試作を重ねて開発したそうです。



・食べられる消しゴム付き カラフルおつまみセット

食べられる消しゴムが付いた色彩豊かなおつまみセットです。チーズで出来た食べられる“Ain消しゴム”は抵抗がありました。目を閉じて思い切って口の中に入れてみて初めて食べられる事に気付かされます。





・カメレオン焼きそば

レモンソースをかけると色が変わるという、なんとも不思議な焼きそばです。右側から左側へ・・・



・カラフルサインペンピザ

蟹と野菜のPIZZAなんだそうです。料理は色彩である!と僕も思っていますが、これほど料理の中で濃い色だけで作るのは大変なんじゃないか?と感動してしまう程のPIZZAでした。



・修正液ソーダ

ナイトアクアリウムの最中、自分の席がお絵描きする場として占領されてしまったので、修正液ソーダが溶けちゃいましたが、トッピングのクッキーも食べられるソーダです。アイスクリームでも入っていたのかな?



・フレンチフライポテト

前回からもありましたが、7色のディップソースにつけて頂きます。

 


■■■GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentelブロガー限定内覧会 まとめ■■■

創造力・表現力に力点を置いて、わくわくするような仕掛けを考えるって、面白い試みですよね。これなら画心がなくて画なんて描けない!という友達を連れて行ってもきっと、創造力をかき立てられなんかしらの表現をしてみたくなるはず!画が上手い下手なんてどうでもいい!描きたい気持ちをぶつければいいんだ!と、今回僕はそう勝手に悟りました。楽しいあまりお酒もガンガン飲みながら、ペンを走らせてみると、今まで見たこともないような作品が出来上がりました。僕ってゴッホの化身じゃないか?と疑ってしまう程のクオリティー♪ですよね?w表現力を試せた有意義なひと時は一生モノですね。また近いうちに再訪したいです☆彡
 
▼Special Thanks!

このイベントが開催された日が誕生日!



ぺんてるのスタッフさんに友人ブロガーマサさんと、ちわわのままさんが、こっそり誕生日祝をお願いして下さったらしく、何やら芸術的で?オシャレな?特大カクテルがやってきましたYO☆LED電球を組み込んだ光り輝くカクテルでした。



美味しくて嬉しくてモ~感動!!ぺんてるさんのスタッフさんの心温まる、素敵なお心遣いにも大感激です!!




■■■一緒のお席で御一緒させて頂いたブロガーさん記事はコチラ■■■

※お写真に関しまして、ご本人様の許可を得て掲載しております。更に随時更新します☆

▼Digital Life Innovator
妖しく光るNight RAKUGAKIなどアイデア盛り沢山 GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel #rakugakibar

AIに勝てるもの・・・それは落書きだ!GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel始まる!

■■■GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel お店情報■■■



▼GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel公式ウェブサイト
※↑ワークショップやイベントの詳細と、スケジュールが掲載されています。

▼住所

東京都中央区銀座5-6-5 NOCO7F
銀座B.E.HOUSE日比谷バー内“GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel”

▼電話番号

TEL:03-3573-8015
※↑大人気の為、事前に来店予約をされることをオススメします。
ワークショップ参加予約は、1月20日(金)17時より受付開始していますが、既に予約が一杯のワークショップがあるので確認すると良いと思います。

▼Google マップ