もはや、ソウルフードと言っても過言ではない!ぼっかけ!!




▼“ぼっかけ” 食べたことある?

牛スジと、こんにゃくを角切りし、甘辛く煮込んだものです。神戸と連想すると神戸牛ですが、決して家庭で毎日のようにサーロインステーキを食べているわけではありません。



すじ肉を使った神戸市民の(神戸市長田区発祥)家庭料理と言えば“ぼっかけ”が一般的です。



この“ぼっかけ”を使ったメニューとして、地元民は、ご飯・うどん・お酒のつまみとしてあらゆるものに乗せて食べたりします。



▼ぼっかけ焼きそば

今回お邪魔した長田本庄軒は、この“ぼっかけ”を具(調味)として使った、焼きそば専門店です。この店で決まってオーダーするのが、“ぼっかけとろ玉焼きそば”。



歯がなくても口の中でトロける醤油仕立ての“ぼっかけ”と、焼きそばに使われるソースが、渾然一体となって口の中に流れ込んできます。風味が豊かで、味にコクが加わり、一口食べたらもうトリコになってしまうそんな逸品です。



また、自家製麺ということもあり、お店で中太麺を作っており、モチモチとした食感が味わえます。



まとめ

よく友人から『今から神戸観光なんだけど、三宮でなんかオススメグルメなーい?』と聞かれると、まずはこのお店の洗礼を受けてから、神戸観光を開始してもらってます。



我が家も、神戸滞在中むしょーにソースの香りが恋しくなったらココへ駆け込むようにしています。



気軽に神戸のソウルフードを味わいたければ是非行って下さい!!



関連ランキング:焼きそば | 神戸三宮駅(阪急)旧居留地・大丸前駅三宮駅(神戸市営)