チャイニーズクレープ食べたことありますか?僕は初めて食べました(笑)



というか北京ダッグのことなんですけどね(笑)


 


神戸には横浜同様、元町エリアに中華街があって、しっかりイートインできるお店もあれば、店頭でファーストフード感覚で購入して食べ歩きもできたりと、時と場合によって使い分けられる元町中華街は、観光客にも大人気です。





今回、散歩がてら元町中華街をテクテク歩っていると、広州菜館のお母さんに、『イイコトアルカラヨッテッテ!』と誘われホイホイついてくと、『オニイサン、チャイニーズクレープタベテッテ!』と、オススメ頂いたので、どんなスイーツが出てくるのかとワクワク♪







なんと、北京ダッグじゃないですかwモノは言い様。



確かに見た目といい、作り方といいクレープだわ☆チャイニーズクレープというのも理解できますね。



何をサービスしてくれるのかと思ったら、いきなり100円引きにしてくれた上、お肉をマシマシ詰め込んでくれました♪



甜麺醤ベースの甘辛タレを塗ったら、蒸し器にin!3分待てばホカホカの北京ダッグのできあがり。軒下にテーブルと椅子があるのでゆっくり噛み締めて味わいました。



まとめ

神戸の中華街には、優しいお母さんがあちこちにいて、色々とサービス精神が旺盛です。値切りの文化でもある為か、値切り初心者にも優しいお店だと思います。値切り交渉しなくても勝手に100円引きしてくれたり、あれもこれも試食という名目でガッツリ食べさせてくれたりと面白いです♪神戸グルメ観光の1つに入れて欲しいスポットです。あれ?スイーツどこ行った?w