カルビの美味しいトコロで~す♪と、出てくるお肉はどれも一級品!見てくれからして、美味しいのが一目瞭然!!神戸屋さんの御紹介です♪



■神戸屋さんのココがイイ♪



▼仕入れこそ命!

高級焼肉店と同じクラスのお肉を、毎日芝浦の食肉卸市場・山形食肉公社・大阪食肉市場から仕入れられているとのこと。



老舗ならではの交渉術があるそうで、仕入れで手を抜かないことで様々な部位のお肉が入手できるそうです。



▼落ち着いてエリアにあって気楽♪

新宿というと“都会の喧噪”の象徴的なエリアですが、一駅ずれると落ち着いています。



新宿御苑駅・新宿三丁目駅から徒歩5分圏内で行ける為、好立地で隠れ家的存在だと思いました。



■実際食べたお肉ダイジェスト♪



・特上タン塩

焼肉事始。お店の良し悪しはタンで決まる!と勝手に思っていますが、やはり食べてみてタンそのものへのこだわりや、焼き方など並々ならぬウンチクがあるお店は何を食べても美味しいと思っています。



軽く炙ってレモンを絞って頂きます。



ジューシー感ハンパないですね☆



▼稀少部位盛り合わせ









・ざぶとん

この日は、神奈川県産のA5ランクとのこと。肩ロースのアバラの骨側にある肉。全体的に肉厚で柔らかく、キメが細かいのが特徴でした。

・ミスジ

牛の肩甲骨の下の部分の肉で、稀少な部位。腕の部位では霜降りの入る部分が多く脂身が甘い。茨城県産のA5ランクとのこと。

・中落ちカルビ

肋骨と肋骨の間にある部位が中落ちカルビと言われていますが、脂身が多く肉の良し悪しで、美味さに大きく差が出る部位と言われています。


▼和牛赤身盛り合わせ













・とも三角

赤身なのに霜降りなお肉で、後ろ脚の付け根にある肉(モモ肉)の一部で脂の多い部位。脂と赤身のバランスが良くて一番好きな部位です。

・ランプ

おしりの部分でも、やわらかい赤身肉で、味に深みがある部位でした。脂身が苦手な方はこちらのお肉をチョイスして欲しいですね。

・イチボ

おしりの部分で“エクボ”にあたる部分で 極少量しかとれない貴重な部分。さっと炙るだけで食べられるのですが、脂身の甘味がたまりません。

・内モモ

良く稼動している部位なので、しっかりとした筋肉質。硬いわけではなく適度な歯応えが赤身のお肉を食べてる感がしますね。
 

▼ミックスホルモン



・上ミノ

第一番目の胃。肉厚で純白に近い白色で、かなり歯応えがあります。イカを焼いた時の食感に近いかもしれませんね。

・ハチノス

第二番目の胃です。上ミノと違って、あっさりとして食べやすいですね。

・ハツ

心臓に近い動脈の部分でコリコリしていました。


■オススメ一品料理♪



・ニラキムチ

焼肉屋さんといへばキムチですが、ここのキムチは盛り合わせももちろん美味しいのですが、ニラキムチが置いてあります。このニラキムチ。ニラの強烈な香りと辛さが特徴で、一口食べたらトリコになります。



・みちのくの特級品“山形牛ユッケ”

厚生労働省の基準に適合した工場で加工しているようで、牛肉の旨みと、とろっとろな甘味が感じられる逸品でした。









・盛岡冷麺

〆の逸品としてオーダー。サッパリと頂きました。口の中の脂が流れ落ちて食事の終盤に持ってこいですね。



まとめ

リーズナブルでありながら、グレードの高い国産のお肉が 食べられるので是非おすすめ!



穴場な焼肉屋さんってこういうところなんだと思いました。



ゆっくり落ち着いて友達と、じっくり焼肉を味わいたいお店として通いたいと思います。



関連ランキング:焼肉 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅東新宿駅