最近、ラム肉を克服してからというもの、獣肉だから食べない!食わず嫌いは卒業しようということでお友達とジビエ料理を食べて来ました。


 
初心者にも優しいということで、どんなものかワクワクしました。



今回数多く食べたジビエ料理の数々の中から、初心者の僕でも美味しいと思ったものや、インパクトに残ったものをご紹介したいと思います。



 
☆コブ's おすすめ THE BEST☆

▼魚沼産 八海山サーモン炙り

八海山の銘水で育ったサーモン。締まった身と、さわやかな脂が絶妙でした。これを表面を炙って頂きます。




紫蘇・ニンニクなどが入った特製オイル。



カルパッチョ風にして頂きました。



▼山くじらの竜田揚げ 夏ver.

山に鯨がいるわけがなく、これは“イノシシ”です。昔は,獣肉を食べることは禁忌であったことから,言い換えたことにより猪のことを“山くじら”といいました。てか、あれ?イノシシはどこ?



玉子のフライの影に隠れていました。紫蘇と大根おろしがイノシシのクセをカバーしようということだったんですが、イノシシそのものにクセがありません。



繊維が細かく柔らかく驚きました。




▼鹿のレアカツ

このお店で一番オススメしたいのがコレ!



牛カツではなく、鹿カツです。脂身が少なく、赤身のお肉が目立ちます。



箸で持ち上げただけで、柔らかいのが伝わるかと思います。食べてみると牛肉よりもクセが少なく、赤身の旨味が絶妙です。




▼鳩の炉端焼き

今回食べた料理で一番驚いたのが、コレ。



ぽっぽっぽ鳩ぽっぽ♪の鳩ですよ!鳩!!食べられるんですね。



しっとりと柔らかく、赤身肉がレバーのような美味さです。これを美味しいと思えるのはジビエ上級者レベルなんだそうです。やったー!初心者から一気に上級者!?



▼馬刺し盛り合わせ

迫力あるお皿でやってきました。




赤身(モモ)・コウネ(タテガミ)・フィレ・中トロが並んでいます。



一番オススメしたいのが、中トロ。サシが少なめで赤身肉が多め。口の中に入れると、とろっと柔らかく臭みもなく、脂っこさもない。はじめて馬刺しが美味いと思った瞬間でした。



▼〆に土佐鴨 南蛮うどん

今まで食べた中で一番美味しい鴨南蛮でした。土佐鴨ってこんなにダシが出るんだ!と感動しました。



まとめ

先入観ってダメですね。鶏・豚・牛食べることが多いと、他のお肉に変な先入観を持っていました。そんな先入観をキレイに払拭してくれたのがこのお店です。食えんの?→食べられる!→美味い!ジビエ料理の概念が変わって食の世界観が変わりました。お陰様で実に有意義な、ひと時を過ごせました。ご馳走様でした♪

関連ランキング:居酒屋 | 新宿西口駅新宿三丁目駅西武新宿駅