大人の街、銀座で焼肉でも食べてみるか?と太っ腹な先輩に連れられて行って来ました。



入店してから着席するまでの間、さすが銀座クオリティーと思うようなところが端々にありました。



クロークの手配、お手洗いのキレイさ、香り付き分厚いおしぼり、スタッフさんの細やか気配りなど、全体的に見渡してみても、いつも行ってる居酒屋や焼肉屋とは段違いのクオリティーでした。前置きはさておき、メニューの方はどうだったかというと。。




■牛屋 銀兵衛 厳選極上黒毛和牛 BEST5




▼トロける 絹ロース



焼き物ならコレ!ということでスタッフの方におススメ頂いたのがこちら。霜降りの黒毛和牛のリブロースを薄くスライスしたもの。絹ロースの牛脂を使って鉄板を温め、焼きスタンバイ。



お肉を焼き台に乗せたら、表面が汗をかき出したらすぐに裏返し。焼くというよりは温めたらOK!のようだ。
 

クルクルとお肉を丸めたら、お塩とワサビで頂きます。



お肉のサイズが大きく、丸めたら食べずらいかな?と心配になりますがそんな心配は無用。



柔らかく、容易に噛み切れる為二口三口で食べ切れてしまいます。




▼芯々(しんしん)

牛の後脚の付根部分で、内ももより下側の内側にある球状の部分を“しんたま”というそうです。その“しんたま”の一部で中心部にあるのが、この芯々(しんしん)なんだそうです。実際食べてみると、食感は筋があるように感じられましたが、驚く程キメが細かく柔らかく弾力のあるなめらかな舌触りでした。味わいは癖がなく、脂もしつこくないので大変食べやすい部位でした。




▼えんぴつ

なんともユニークなネーミングですね。リブロース芯の近くにある、えんぴつの先端のように円すい形のような形をしている部位だそうで、かなりの超希少部位なんだそうです。



霜降り部分と赤身部分のバランスが非常によい印象を受けました。それにしても、きめが細かい肉質には驚きました。日頃カルビかロースくらいしか食べたことがない僕には衝撃的な味わいでした。




▼はごいた(ミスジ)

牛1頭から2kg程度しか取れない、肩甲骨の裏側の部位で希少部位の一つですね。口の中でとろける上、旨味が非常に濃厚なのが印象的でした。焼肉屋では薄くスライスして出すお店と、厚めに切って出すお店がありますが、食感が肉厚で変化するとの事。牛屋 銀兵衛では薄くスライスしていて、口の中に放り込んだら溶けて消えてしまいました。


 

▼肉寿司

目の前で焼いたお肉を熱々の内に、その場でスタッフさんが握って下さるというもの。※わさび抜きもやってくれます!



あらかじめ握られた寿司飯が運ばれて来て、焼肉したトングを起用に使って寿司飯の上にお肉を乗せての提供です。



お肉は、“ともさんかく(友三角)”という部位で、別名:ヒウチと呼ばれているところ。



芯々(しんしん)でも触れた、“しんたま”の一部位で外側にあたる部位とのこと。



切り取られた部分が三角形の形をしていることからこの名称がついたそうです。



芯々(しんしん)と比べて脂が乗っている部位でした。



この“ともさんかく”と寿司飯の相性が抜群でした。



お肉の脂っこさを寿司飯が美味く吸収して、口の中で牛肉の旨みを堪能することができました。




■牛屋 銀兵衛のコ・ダ・ワ・リ!



▼銀兵衛塩・特製わさびに注目!

牛屋 銀兵衛では、塩とワサビで食べさせるメニューが多いです。ワサビは茎の部分が風味を増すということで香り重視でした。お肉の脂がわさびと合わさると辛さを感じなくなり、残るのは風味だけ。また自家製塩の銀兵衛塩はそれだけでも、ご飯のおかずになるという旨みがある塩でした。この塩とワサビの組み合わせが、お肉の旨みを引き出し、食べ比べした時に肉の味わいの違いを気付かさせてくれます。




■牛屋 銀兵衛でOTR!




▼ネギ飯

焼肉屋に来たらマリアージュしたくなるのが白米でしょ♪ということで、今回は単なる白米ではなく、白米の上に刻んだネギとゴマ油がかかっているものをオーダー。



お肉を乗せてOTR(オンザライス)の完成です。



お肉に銀兵衛塩を軽くパラリとかけ、お肉の美味さを引き出し、ネギごま油がご飯の美味さを引き出し、口の中で渾然一体となるこの感覚は最高です。



炭水化物ダイエットしている方も、このお店に来たら忘れて欲しいですね。このOTR(オンザライス)を味わわずは帰れません。是非お試し頂きたいです。




■牛屋 銀兵衛の側仕え

▼春野菜のナムル

季節の野菜をナムルにしたものです。この日は春キャベツでした。薄味なのでサッパリしていて食べやすいです。入店し飲み物をオーダーした時の先付け的な位置づけでオーダーすることをオススメします。




▼ゆずだいこん

お肉を色々と食べ比べて来ると、お肉の脂で舌がだるくなってきますよね。口の中をリフレッシュする意味でも、この柚子味が染みた甘い大根がいい脇役になってくれます。




まとめ

お酒もお肉に合わせた日本酒をはじめ韓国のマッコリなどもあり、お酒が好きな方には嬉しいお店ですね。



また通常のお肉の他、ホルモンもおススメとの事だったのですが、メニューが豊富だった為、ホルモンまで手が出せなかったので、また再訪して今度はホルモンを中心にトライしてみたいと思います。



銀座で良いお店と出会えて幸せでした♪




関連ランキング:焼肉 | 銀座駅日比谷駅内幸町駅