ご存知、新橋は居酒屋が乱立していて、どこにしようか迷う人も多いかと思います。



当然、良いお店、美味しいお店も埋もれてしまうわけで。それを発見するべく居酒屋巡りは今日も続きます。ということで今回お邪魔したのは、JR新橋駅から徒歩1分の隠れ家個室を売りにした鮮魚と日本酒が楽しめるお店“ほづみ”




▼新橋 ほづみ's こだわり


季節・旬を大事にして、その日のBESTな状態の鮮魚を、毎日築地などで仕入れておられるとの事。刺身の盛り合わせもオススメのようですが、この日仕入れた厳選鮮魚を特化したメニューが存在します。しかもそれは、本日のオススメメニューの中にあるものと、ないものがあります。本日のオススメメニューにないものは、スタッフの方が直々に説明してくれます。メニューを組む前に、スタッフさんが食材を試行錯誤して作ったメニューを事前に試食した結果、BESTで美味しい調理法を提案し、我々にオススメしてくれます。


 


▼ほづみ's フードBEST3


・本マグロ 頬肉の刺身



一見筋っぽく見えますがそんなことがなく、マグロには珍しいプリッとネットリとした舌触りに、濃厚な旨味を感じました。



ほほ肉は良く動かす筋肉なので美味しいのは理屈では分かっていましたが、こう改めて味わってみると旨味成分が赤身よりも強いかもしれませんね。





・本マグロ 中落ち



このメニューが運ばれてきた時、驚きました。真っ赤な骨付きマグロがドーン!スプーンが添えられていて、自分で中落をかき出します。
 


面倒くさい方は、スタッフの方にお願いすれば中落ちを別皿で提供してもらえます。



骨のまわりの身は旨味が詰まっていて美味しいのは周知の事実ですよね。自分で、ほじくり出す中落ちはなんだかワクワクします。苦労した中落ちは、甘みがあって良い香りがします。





・殻出し生ウニ食べ比べ! バフンウニvsムラサキウニ




僕は、化学品に浸かった木箱に入ったウニが苦くて苦手なんですが、ここで味わえたウニは別格の美味さでした。



バフンウニとムラサキウニが選べたのですが、今回はバフンウニをチョイスしました。



見た目は棘が短く、たわしのような形でした。身の色はオレンジに近い濃い黄色で別名、"赤うに"と呼ばれているそうです。



箸で持つには限界があるトロトロのウニは絶品で、わさび醤油で頂いたのですが、濃厚で甘みが強く際立っているのが分かりました。




▼ほづみ's お酒


これらのお料理との相性を考えて用意された厳選銘酒が多数用意されていました。スタッフの方が、お料理に合わせて日本酒を提案してくれるというサービスがなかなかでした。とりあえず利き酒セット3種ということで、興味のあるお酒を自分で自由に選びました。秋田県の純米吟醸"白瀑"・岐阜県の純米大吟醸"津島屋"・京都の純米吟醸"まつもと"。地方によって違う、日本酒の華やかさ、旨み・甘みなど、性格が違うものを、お料理に合わせてマリアージュしました。"出会いのもの"を探す楽しさが湧いてきます。




まとめ


競合他社が多いからでしょうか、新橋の居酒屋クオリティーの高さに改めて驚きました。



しかも、本日のオススメメニューにもない、裏メニューこそ、真のオススメであるという"新橋 隠れ家的居酒屋 ほづみ"



お客さんへのオススメの仕方が美味いなぁ~と思いました。



是非このお店に立ち寄ることがあれば、フードメニューをオーダーする際、開口一番『本日のオススメの裏メニュー』を聞き出すことをオススメしたいと思います。


 
その他にもお店のイチオシメニューもたくさんあるので胃袋と相談しながらオーダーしてみて下さい。


 
かなりボリュームもあるので満足できること間違いなしです♪



ほづみ
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅汐留駅内幸町駅