東京ベイ・浦安市川医療センターの向かいにあるパン屋さん。


僕は病院帰りとかって結構気が滅入ります。


自分を含め、誰かが具合悪い時に病院へ行くわけで、良い思いなんて滅多にありません。


そんな帰り道、素敵なお店がありました。花屋さんのようなアンティークショップのようなセレクトショップのようなお店。近づいてみるとそこは“カンロ”というパン屋さんでした。


▼カンロのコンセプト via カンロ 
小さな子供に体に良いものを食べさせたいと願う思いから、できるだけ国産のもの、ナチュラルな材料にこだわり丁寧に作り上げるというものでした。


▼パン自体に旨味がある♪
小麦粉の風味を活かすために長時間ゆっくり発酵させているそうで、見た目は小さく固いパンに仕上がっています。一口食べてみると、ギュッーと中身が詰まったパンであることが分かります。ゆっくりと味わえば味わう程、パンそのものから旨味を感じます。パンの固さとは対照的な優しい味わいに感動しました。


・庄内豚ソーセージ
素材本来の旨味を味わう為、香辛料はシンプルな味わいに抑え、ジューシーに仕上げた無塩せきあらびきソーセージが入ったパンです。






・クレマジロ
くるみレーズンの生地にクリームチーズを包んだもの。






・ベーコンエピ
天然の岩塩を使用し、香辛料と佐藤を肉の表面にすり込み、桜のチップで2晩スモークをかけた無添加のベーコンが入ったパンです。






まとめ
お店の外装・内装ともに爽やかで温かみのあるお店でした。スタッフの方も丁寧で笑顔が素敵で、パンに人柄が表れているようでした。リピーターが多いのも理解できます。また是非再訪したいと思います。


パン屋 カンロ 浦安店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:パン | 浦安駅南行徳駅