冬は牡蠣と日本酒があれば幸せ!がマイブームなコブです。


老舗店と、オフィスビルがひしめき合う街、東京日本橋。


今回お邪魔した“魚バカ一代 日本橋店”は非常にわかりやすい所にある。


日本橋といえばオムライス!オムライスと言えば“たいめいけん”が有名だ。


道路挟んで斜向かいのビルの3Fに“魚バカ一代 日本橋店”は入っていて、1Fは僕が大好きなラーメン屋“京都銀閣ますたに”がある。


会社帰りのお友達と待ち合わせて、会社の愚痴を肴に乾杯だ!(しないけど笑)店内に入ると個室に通された。(僕がデブだからか)少し狭かったがそれはそれ、友人との距離が縮まりやすく交友も温まりやすい。

 
各自飲みたいもので乾杯だ。最初にオーダーした純米大吟醸の寒山水。


フルーティーな香りでキレの良い味を最大限に引き出すべく、ワイングラスで興じられた。


芳醇な香りが引き立ち目眩がしそうな香りが鼻孔を刺激する。説明書きをみると魚バカ一代は、魚が水揚げされた土地の地酒を仕入れたり人気の定番銘柄から、一風変わった銘酒まで用意するというのがコンセプトなんだそうだ。


新鮮な魚には日本酒が合う!を持論に、美味しい魚と愛称抜群な日本酒が多数用意されていた。冬ということもあり、季節オススメ看板メニューは“牡蠣”が前面に押し出されていた。ここのお店では、北は北海道から南は九州まで全国約13ヶ所の牡蠣が用意されていた。嬉しい事に産地はもちろん、牡蠣の特徴である風味・旨味・食感・オススメの食べ方など手作りレジュメに基づき説明してくれる。

 
牡蠣にかける情熱を感じながら、生牡蠣からスタートだ。生牡蠣メニューは単品・◯個セット・お刺身セットなど組み合わせ自由でオーダーできる。


ここはやはり、魚バカ一代の名物!豪華!魚バカ一代盛りは外せない。


お刺身三種盛り合わせと、生牡蠣六点盛り合わせという豪華版だ。


なんでも漁港直送の店主イチオシ新鮮魚を調理して盛り合わせている。生牡蠣も六個を四人で分けたら喧嘩になる。人数分均等になるよう追加でオーダーした。


生牡蠣を食べ比べてみて、産地によって“貝の個性”がまるで違うということ。


海の潮の香り(磯の香り)が強い牡蠣。まるでミルクの様な濃厚な旨味が特徴の牡蠣。


貝柱の食感がアクセントになっている牡蠣。

 
いろんな生牡蠣を食べ比べるわけだが、こぶ流生牡蠣の食べ方は、一口一気にペロッ!と生牡蠣を良く味わって。


間髪入れずに日本酒をグイっと一口含んで口の中で牡蠣の旨味とぶつけてゴックン!


くぅぅっ!!たまんねーよ!!(すみません、自分の感情が入り過ぎました)


生牡蠣にはワイン!もいいけれど、日本酒とのマリアージュは日本人だからこそ理解できる味と勝手に思っている。そんな生牡蠣とぶつけるのは、三重県の日本酒“作(ざく)雅乃智 純米吟醸”。やや辛口で、優しさと気品を兼ね備えた奥行きのある味わいが生牡蠣と相性が良い。


生牡蠣だけにあらず、焼き・炙ぶり・揚げ・しゃぶしゃぶ!と牡蠣をより美味しく調理して提供してくれる。


どれも日本酒と相性が良く、焼きや炙ぶることで香ばしさが加わる。


揚げることで旨味や風味が増す。


牡蠣のしゃぶしゃぶは、牡蠣の旨味が鍋に出てお野菜の旨味と相まって美味しさ倍増だ。


牡蠣ばっかりにクローズアップしてしまったので、牡蠣以外に“グッ”ときた逸品をご紹介しよう。

こぶオシ!BEST3!

▼ワタの旨味がヤ・バ・イ!イカのワタみそ焼き。
アルミホイルに巻かれて蒸して焼いて出てくるのかと思いきや、イカをボイルして冷やしたものにワタと味噌を和えたものにディップして頂くのがコレがたまらなく日本酒に合う。イカって結構温めると固くイカ独特の臭みが出てくる。それをあえて冷やして出すことでイカの旨味だけが前面に出てくる。これは思わずリピートしてしまいたくなる逸品だ。


▼フワッフワ♪魚バカの海老しんじょう
フワフワした食感に海老の香りが立ち昇って優しい海老団子というべきか。これをダシでさっと煮て完成。


この淡い味わいが日本酒とぶつかることで秘めた旨味を引き出される。日本酒があるからこそ、こういう料理が生まれてきたのだと勝手に思っている。


▼〆はコレ一択!名物!鯛ゴマ茶漬け
ご飯の上にお刺身を乗せ、とろりとしたゴマタレがかけてあり、ワサビを添えてやってくる。


そこにあつ~いダシをかけて頂きます!


ダシをお刺身にかけることで半生状態になり刺し身が活性化して魚の微量な脂が溶け出し出汁と相まってご飯に染みていく。


もう、説明がいらない程に美味さは伝わったはず。絶妙なバランス茶漬けである。ただ、この日は鯛が人気で売り切れてしまい、鰤のお刺身が乗っていた。


まとめ
どのメニューも鮮度にこだわっているのはもちろん、その素材の持ち出しを極限状態まで高めようとするお店の姿勢に脱帽だ。今は牡蠣をオススメしているが、ここの春夏秋冬を牡蠣以外にも味わいたい!また再訪したいお店が日本橋にできて嬉しい。

魚バカ一代 日本橋店
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:居酒屋 | 日本橋駅三越前駅茅場町駅