reviews(レビューズ)のオープンプラスカンファレンスvol.7に参加させてもらった。


今回PRとレビューの為、MISFIT SHINEを頂いたので(MISFIT SHINE 2は2016年1月に頂く予定)発表会の内容とレビューを簡単にお届けしようと思う。


まずはこちらの動画をご覧頂きたい。


▼MISFITってなに?
Misfit Wearablesが作った活動量計だ。


1日の活動量(消費カロリー・移動距離・目標とする活動量や、睡眠をモニターすることができるウェアラブルデバイスだ。


日中帯だと走行距離・歩数・燃焼カロリーなどが測定でき、夜お休み前だと浅い眠りと深い眠りの睡眠時間を含めた情報を記録管理できる。


iOSとAndroidを通して管理ができる点。MISFITに記録されているデータはスマホに転送して管理することができる。


▼MISFITの良いところ
ウェアラブルデバイスと聞いただけで、ガジェット色が強いように感じるが、実際装着してみるとシンプルでファッショナブルだ。


充電いらずなところ。ボタン電池を採用している為、充電の為に肌身から離すことがない。充電いらずのウェアラブルデバイス。


水深50mまでOK。水泳中でも安心して記録することができる安心設計。


▼実際装着してみた感想
付属でついているボタン電池を入れてから2日目にして、電池切れの症状が起きた為か、不運にもウンともスンとも言わなくなった。新しく電池を入れ替えてみたものの起動することはなかった。



1日だけ起動したということもあり、活動量を1日だけ測定することができたが、目標や実績が達成できたのは嬉しかった。残念ながら壊れてしまった以上、レビューはこれ以上できないが、軽くて一日中装着し続けていても苦にはならないどころか違和感もない。本当の意味でのウェアラブルデバイスといえよう。2016年1月に発売される“MISFIT SHINE 2”はどのように進化したのか今から気になっている。