2015年10月24日【土】に公開する“トランスポーター イグニション”で使われる“Audi S8”を実際見て、試乗しようと思いAudi京橋へ行ってきた。


2015年10月10~12日までの三連休、最新作“トランスポーター イグニション”の劇場鑑賞券が当たるTHE TRANPORTER Fair(キャンペーン)も実施しており、今Audiはトランスポーターで盛り上がっている。


Audi京橋へ到着し、ディーラーの方に“Audi S8”に試乗したい旨伝えたところ、『ない』との回答。


トランスポーター前作(6年前)で使われた“Audi A8”ならあるということなので、前作の“Audi A8”に試乗することにした。


▼Audi A8を初めて見て乗った感想
Audi A8”の何が好きかと問われれば、静かに始動するエンジン音・排気音。


重厚なボディー感。






ドアを開閉する時のドアの厚みを感じる鈍い“音”が好きだ。


トランクの開閉がボタン一つでできるのも面白い。




▼Audi S8ってどんな車?
スポーティーなセダンなのに低燃費な車。“Audi A8”をさらにスポーティにした、最高水準のパフォーマンスを結集したハイエンドスポーツモデル。スポーツタイプシリーズということで、なんと0-100km/h加速は、わずか4.1秒と圧倒的なパワー。一方で、“Audi S8”の燃費は、9.6Km/L~10.5Km/Lとなっている。(理論値)満タンで861km走る事ができる計算だ。高性能と低燃費をかね備えた一台といえる。


▼Audi S8はどこで見られるの?
2015年10月13日現在、都内では“Audi芝浦”でのみ、現物を見ることができるそうだ。ハイエンドモデルということもあり、高級外車をあちこち配置しているわけではなさそうだ。お近くのショールームで!ということをCMなどで配信していたりするが、新車や話題性のある車種は注意が必要だ。


■Audi芝浦
住所:〒105-8575 東京都港区芝浦1-12-3
電話:03-5440-5391


■Audi京橋
住所:〒104-0031 東京都東京都中央区京橋二丁目10番-2
電話:03-5250-7701