僕の中で、つけ麺部門の不動の第1位!麺屋一燈が、“つけ麺一燈”という新たな店をオープンする。


つけ麺一燈の本家、麺屋一燈はJR新小岩駅から近く、つけ麺が大人気でいつも行列をしているお店として有名だ。




その麺屋一燈から50mと離れていないところに、つけ麺に特化した姉妹店がオープンすると聞きつけて、開店直前日である今日、下見して来たのでお届けしようと思う。(食べた感想はまた今度♪)


▼つけ麺一燈のコンセプト
やはり3種類のつけ麺が看板メニューとなるそうだ。つけ麺好きが週に3回食べたくなるような、飽きの来ないクセになる大人のつけ麺を目指しているそうだ。メインの三種類のつけ麺が、麺屋一燈ブランドを継承している事を立証するお店にしたいとの決意を感じた。

▼つけ麺一燈のメニュー

①伊勢海老つけ麺
一燈は、動物系スープの他、魚介系スープも使うダブルスープ系のお店として有名だが、伊勢海老のスープは数量限定で期間限定つけ麺でもしないと出会えないつけ麺。海老のスープで作るラーメンは他店で食べたことがあるが、クセのある香りが強くあまり得意としない。どのように一燈が伊勢海老つけ麺を提供して来るのか、つけ麺から立ち昇る香りに注目したいところだ。

②濃厚煮干しつけ麺
蒲田にある一燈の姉妹店、“煮干しつけ麺 宮元”のつけ麺のライト版との事。煮干し特有のブシブシ臭さが気になる方にはオススメのつけ麺か。煮干しの配合がどのように軽めに仕上がっているかチェックしたい。

関連ランキング:つけ麺 | 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅


③サバカレーつけ麺
麺屋一燈で、かつて提供したことがあるつけ麺。それをリニューアルとしたものらしい。サバとカレーが合うのは以前から知っていたが、つけ麺にするとどうなるのか?実に興味深い。

④にぼやん一号のニューバージョン
微乳化であっさりとしたラーメンとの事。温かいラーメンは、香りがつけ麺よりも立つものだ。煮干しの香りが温まるとより一層鼻につくかも知れない。しかし、一燈の手にかかるとどのように感じられるのか。もう少し寒くなったら食べてみたい。

⑤濃厚煮干しラーメン
これもまた蒲田にある一燈の姉妹店、“煮干しつけ麺 宮元”のラーメンのライト版との事。濃厚好きな方に、濃厚テイストを軽くすると物足りなく感じられならないか?非常に楽しみな一杯に仕上がることを期待したい。

まとめ
麺屋一燈姉妹店“つけ麺一燈”をオープン前から取り上げるにはワケがある。本家の麺屋一燈は、なんといってもお店の雰囲気と気遣いが非常に良いからだ。実は今日麺屋一燈にお邪魔した際、急な雨が降り土砂降りの中、行列待機していたのだが、お店の方が傘がないお客に対し、傘を貸し出したのだ。しかもさりげなくだ。


こういう人への気遣いができるお店は、店内の雰囲気がすごく良い。雰囲気が良いと、つけ麺がより美味しく感じられ、また来たいと思う。デートにだって使える素敵なお店だと僕は思っている。是非、つけ麺一燈が麺屋一燈に負けないライバル競合店になることを楽しみにしたいと思う。プレオープン前に入店していたお客さんの評価が気になる。近い内、訪問してリポートしてみたいと思う。


店名:つけ麺 一燈(つけめん いっとう)
時間:昼の部 11:00〜15:00・夜の部 18:00〜23:00
休日:木曜日
場所:東京都葛飾区東新小岩1−3−7
TEL:03−6657−7763