JR東京駅 丸の内口 徒歩2分。改札口に入る前に、お弁当を買うとしたら是非、丸ビルの地下1階に立ち寄ってもらいたい。先月オープンした、日本橋に本店を置く日本橋だし場の丸ビル店があるからだ。今回、テイクアウトしたのは3種類の内の2種類。


のり弁?というと、安価であまり内容が充実していないように感じるかも知れないが、今まで自分が知っている、のり弁当のイメージを捨ててもらいたい。まったくの別物だ。海苔の下には、鰹節の甘辛煮がたっぷり敷き詰められていて一口食べてみると、海苔の旨みと鰹節の旨みが相乗効果を生み出し、ご飯のおかずにピッタリ。


これだけでも十分なのだが、おかずもまた充実している。おだしの効いた玉子焼き。関東風というべきか甘く味付けされているものの甘すぎず、醤油をかけなくても出汁の旨みで食べられる。甘い玉子焼きが苦手な関西人でも抵抗なく食べられた。


焼き鮭は塩分控えめな味わいで、高齢者でも抵抗なく食べられる様工夫しているように感じた。


金平も煮物(レンコン・竹の子・ごぼう・にんじん・がんもの煮付け)も、おだしをたっぷり効かせて作られており、全体的に“おだし”が全面的に強調されているお弁当だと感じた。


カロリーが低いのも、おだしが効けば塩分を抑えられるという、にんべんの方針のような気がした。


▼サバの竜田揚げ弁当 650円(税込) 522kcal
お魚が食べたいけどちょっと、インパクトが欲しい。でもカロリーは抑えたい人向けのお弁当。


にんべんがサバの竜田揚げを作るとこんなにもあっさりするのかと実感。


さば特有の脂分が抜けていて、あっさりした揚げ物という印象。にんじん・竹の子・ふきの煮付けは、のり弁当同様“おだし”が効いて、あっさりとした味わいだ。


ご飯は、“おだし”で炊かれたダシご飯。最後まで飽きることなく美味しく頂けた。揚げ物が入って522kcalとは嬉しい限り。


▼豚照焼弁当 650円(税込) 582kcal


今回購入することはなかったが、お弁当のルックスからして美味しいそうにみえた、豚の照焼。


間接照明のせいか、照りが強調されているように感じた。次回絶対オーダーしたいと思う。


▼玉子焼き 150円(税込) 136kcal
お弁当に入っている、玉子焼き。


甘い玉子焼きが食べたくなったら、是非この店で購入したい。おだしが入ったダシ巻き玉子とは違った味わいだ。


▼金平ごぼう 150円(税込) 51kcal
甘辛に煮込まれた、ごぼうとニンジンのきんぴら。


おかずが一品欲しい時に、またお酒の肴にピッタリな味わい。


まとめ
イートインするには3席と少なく、ランチ時は人でごった返すので、テイクアウトにお弁当を買って行く事をおすすめする。オフィスで、出先の公園でゆっくり、にんべんの“おだし”に対する情熱を味わってもらいたい。

【にんべんだしアンバサダー お知らせ】
女性限定ではあるが200名程、2015年度も“にんべんだしアンバサダー”を募集中とのこと。応募期間は2015年7月27日~10月31日まで。参加費は無料なので、申込みしたい方はこちらをクリック! 

家内が初めて参加した第一回にんべんだしアンバサダーイベントの記事はこちら♪↓


日本橋だし場 丸ビル店
日本橋だし場 丸ビル店
ジャンル:DASHI BAR
アクセス:JR東京駅 丸の内口 徒歩2分
住所:〒100-6306 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビルB1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 丸の内×和食
情報掲載日:2015年9月15日