大阪を中心に神戸にも展開している、浪花名物 チャオチャオ餃子が、関東にも進出しており、関西のあの味が恋しくなったので食べに行った。

お店に入店したらまずは、チャオチャオ餃子をオーダーしよう。餃子スタジアム2年連続チャンピオンを受賞した名誉ある餃子だ。一人前2枚:588円と、おためし1枚:294円というのがある。小ぶりなので、一人前2枚がオススメ♪女性でも一口が小さいので食べやすいと好評だ。サックサクのパリッパリの皮を頬張ると、中から肉汁があふれ出す。 舌を火傷しないように気を付けて食べ進めたい。関西では味噌ダレを付けて頂く。食材は国産の豚肉と、産地直送の野菜。パリパリの皮の薄さは厚さ0.9mmの極薄の皮をチャオチャオ独自の包み方で形成し、最後は秘伝の焼き水で一気に仕上げる。唯一の欠点は、何個でも食べられてしまう点だろうか。


ノーマルな焼き餃子の他にも、人気な餃子4種類の盛り合わせや、手羽先餃子。




一品料理では大阪名物の甘辛味噌の土手煮などもある。幅広いメニューがあるので、飽きることなく大阪の味を味わうことができるからオススメだ。



浪花ひとくち餃子 餃々 築地

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:餃子 | 築地駅新富町駅東銀座駅




Posted from するぷろ for iOS.