というのは冗談ですwカルピスカフェみたいなお店ができればいいなぁ〜♪というお話。



CALPIS本社でカルピスならではのレシピ体験というコーナーで、カルピスを使ったアレンジレシピを弁当仕立てで頂いた。



カルピス本社では週に一度はカルピスを使ったメニュー“カルピスday”というのがあって、社食で味わうことができるとのこと。今回はそんなカルピスが、自信を持ってオススメする逸品9つのメニューをご紹介。



▼鶏そぼろごはん
鶏そぼろの中に、だし醤油・酒・カルピスが入っていて、それを含め煮詰めるそうだ。鶏そぼろにまろやかなコクが出て、さらにあっさりとした味わいになっている。



▼南仏風さっぱり田舎漬け
塩・レモン汁・カルピスを使ったピクルス的メニュー。レモン果汁のフレッシュさにCALPISが全体的まとめ上げる役割をしていた。



▼胡麻団子の抹茶練乳がけ
抹茶練乳・練乳・カルピスがゴマ団子の上からかけられていた。全体的に甘いが、ほのかな酸味が嬉しい逸品。



▼揚げ白身のあんかけ
揚げる前の下味にもカルピスをすり込み、揚げ上がった後は、あんかけとしてカルピスが使われた。ちなみに、豆板醤・ごま油・酢・カルピスが、あんかけのレシピとなる。



▼えびマヨケチャップ
海老の天ぷらに、ケチャップ・マヨネーズ・カルピスを混ぜたもので和えるとあら不思議、辛くないエビチリじゃないかwこれなら冷めても美味しい♪



▼豚の冷しゃぶ
冷しゃぶのソースに使われていた。青じそドレッシング・大根おろし・カルピスだ。さっぱり系でまとめてきた印象だ。あっさりなのにコクのあるお味。なかなかの美味だ。



▼鶏の味噌漬け焼き
合わせ味噌とカルピスを混ぜたものに、お肉を漬け込むという発想。良く漬かったら、ソテーして完成。お肉が柔らかくなってイイ♪お肉を柔らかくする方法は数多あるが、これなら普段から使える。



▼なます
おなますのあの甘さと酸味を、カルピスて演出。こういう使い方もあるかと、勉強になる。



▼ちらし寿司
ちらし寿司にかける、寿司酢(酢・塩・カルピス)に使っていた。違和感などは微塵も感じなかった。


まとめ
今回、カルピスを使ったレシピを味わってみて、子供から大人まで美味しく食べられると感じた。

しかも、メインのソース・漬け込み・隠し味と様々な使い方があることが分かった。

また、カルピスを使用することで健康的な食生活を送ることができるので、一石二鳥な調味料だ。

最後にカルピスが、カフェを出してメニューを展開すれば、カルピスの需要がさらに高まるのではとも思った。カルピスは水に混ぜて飲むだけじゃもったいないから!御馳走様でした♪

※カルピス本社で開催された“発酵のチカラミーティング”に参加させていただきました。



Posted from するぷろ for iOS.