日光江戸村で開催されている妖怪ウォッチイベント“宝探し大作戦ニャン! ~消えた妖怪大辞典を探せ!~”。開催初日に江戸ワンダーランド 日光江戸村・特派員として招待され、行った来たので感想をお届けしようと思う。


チケットぴあ


江戸ワンダーランド 日光江戸村

江戸ワンダーランド 日光江戸村 Facebookページ

宝探し大作戦ニャン!~消えた妖怪大辞典を探せ!~

体験型のリアル宝探し“タカラッシュ”はラッシュジャパンという会社が手がけている。


チケットぴあ

そのラッシュジャパンが妖怪ウォッチとコラボレーションした。


企画・制作・監修は株式会社レベルファイブが担当し、妖怪ウォッチの世界観を楽しめる体験型の宝探しプログラムを開発した。


参加対象者はファミリー層をターゲットにしており、商業施設やテーマパークへの導入を想定して開発したこのプログラムは、江戸ワンダーランド 日光江戸村にて3月21日(土)~5月24日(日)期間限定で開催している。


▼どんなストーリー?
大切にしている妖怪大辞典が突然なくなってしまい大慌ての主人公のケータくん。大辞典のあった場所には奇妙な手紙が残されていた。友達妖怪を呼び出そうにも妖怪メダルは大辞典の中にある。ジバニャン・ウィスパー・コマさん・コマじろうへ協力をお願いし、さっそくケータくん達は妖怪大辞典探しへと向かうことになった。果たしてケータは無事、大辞典を取り戻すことができるのか!?というストーリー。


▼どんなイベント?
ケータやおなじみの妖怪たちと協力し、妖怪大辞典を取り戻すのがコンセプトだ。


捜索は実際に妖怪ウォッチタイプ零式を腕に巻いて行う。


妖怪メダルと地図を組み合わせたり、様々な仕掛けが施された宝の地図を解読し、無事に妖怪大辞典を取り戻すことができたたら“宝さがし大作戦ニャン”のエンディングストーリーをプレゼントされる。僕もなかなか苦戦しながらもクリアーすることができた!


まとめ
大人でも、なかなか複雑なルールだったから、子供だとルールが頭の中に入って来ないかも知れない。しかし、丁寧に江戸村のお姉さんが説明してくれる。分からなかったら遠慮なく聞いてみよう!


日光江戸村では風情ある江戸時代の歴史や文化を感じて学べる。それに加えて、謎解きという遊びのジャンルが取り入れられている。妖怪ウォッチの世界観を味わうことができるのし、またジバニャンと握手もできる。ゴールデンウィークも開催しているので是非家族で遊びに行ってもらいたい!オススメだ!!


 
▼場所
江戸ワンダーランド 日光江戸村
▼住所
〒321-2524 栃木県日光市柄倉470-2
▼電話
0288-77-1777
▼期間
2015年3月21日(土)~5月24日(日)
▼期間
9:00~17:00(最終参加受付16:00)
▼受付
村内 駕籠屋
▼料金
500円(※入村料は別)


チケットぴあ