新婚旅行で大分県へ行って来た。ぼくが旅先で必ずするのが、その土地で由緒ある神社へ参拝することだ。


宿・ホテル予約ならじゃらんnet


神社参拝をすると、その土地に根ざす食文化や文化・風習を知ることができる。


今回参拝した宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社だ。


全国に約44,000社ある八幡宮の総本社だ。


またJR東海のCM、そうだ京都へ行こう!で有名になった石清水八幡宮、鎌倉の鶴岡八幡宮とともに日本三大八幡宮の一つでもある。


一の鳥居から入って拝殿を目指すわけだが、道のりが長い。途中、グーグーガンモに会いながらズンズン参道を進む。


これほど境内が大きいと感じたのは伊勢神宮の参拝依頼だ。


八幡神社がいかに勢力があったのかを伺い知ることができる。


ちょっと休憩しつつ。


急な階段をずんずん進むと、ようやく本殿があるエリアへたどり着いた。


社務所へ御朱印帳を渡して御朱印を頂いている内に参拝をした。


参拝して驚いた!良く見られる神社参拝は“二礼二拍一礼”といって、2回おじぎをした後、2回柏手を打って、最後にもう1回おじきをするというものがポピュラーだ。しかしここの参拝者の多くは“二礼四拍一礼”といって4回柏手を打っていた。神社について詳しいrecha1氏に聞くと、出雲大社も“二礼四拍一礼”とのこと。


参拝を済ませ、社務所に戻ると御朱印を無事頂戴でき300円お納めした。由緒書きも頂き神社巡り終了!由緒書きは単体で販売しているところも多いが、御朱印を頂くと無料で頂く事もあるので御朱印を記念スタンプと捉えるのもオススメだ。


まとめ
宇佐神宮の神様である八幡神(やはたのかみ)は、清和源氏をはじめ全国の武家(平安・鎌倉時代)から武運の神(武神)として崇敬を集めただけあって、堂々とした神社という印象が強かった。八幡という名称は全国各地に地名としても氏名としても使われているから、これから旅先で“八幡”の文字を見かけたらルーツを調べながらその土地の歴史を勉強したいと思った。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

■宇佐神宮
▼所在地
〒872-0102 大分県宇佐市南宇佐2859
▼電話
0978-37-0001