冬のフルーツと言えばなにを連想しますか?




▼2017年1月の記事はコチラ♪
 
・【2017千葉県房総半島】君津いちご狩り“ポレポレ農園”&木更津“三好家”の豆大福・草餅とのマリージュ☆ http://kobu.blog.jp/archives/55582974.html


僕はフルーツの中でも“いちご”が大好きで、毎年この時期になると、いちご狩りへ良く行く。


今回は、今やふなっしーをはじめフルーツ王国となりつつある千葉県について調べたところ、至る所にいちご農園があることを知った。

 
そんな中、素敵ないちご農園と巡り合い、大変満足のいくいちご狩りができたのでご紹介しよう。


今回お邪魔したのは、千葉県君津市にある観光農園で有名!ポレポレ農園


ポレポレとは、ケニアのスワヒリ語で“のんびり・ゆっくり”という意味なんだそうで、大地の時間の流れを感じてもらえるイチゴ農園というのがコンセプトなんだそうだ。


ポレポレ農園の特徴
①いちご狩りに時間制限がないこと!


大抵のイチゴ農園の場合、20〜30分という時間内が相場だ。ところが、ポレポレ農園の場合は時間無制限なので、あせらずゆっくりイチゴ狩りに専念できるのがオススメしたいところ。イチゴ狩りの最中周囲を見渡すと、ベビーカーを押すお母さんが何組かいて、子供にイチゴを与える一方、お母さんもたくさん食べておられたので小さいお子さんがいるご家庭でもおすすめしたい。


②複数の品種を食べ比べできる!


ポレポレ農園は、いちごの品種を4種類用意している。


いちごの生育状況によっては種類が減ることもある。


実際、僕たちが行った際、3種類のいちごが用意されていた。


③いちごは、食べ放題なので思う存分食べよう!
 

完全予約制のポレポレ農園は、訪問日前日朝7:00から電話予約を開始する。これはイチゴの生育状況によって園内の予約人数を決めている為、食べ放題に合わせた人数割なので思う存分食べられる。いちご狩り開始してから2時間経過した時点で赤いいちごがどの程度残っているか見渡してみると、十分あった。


④立ったまま食べられる高設培土栽培


実はいちご狩りで重要な事で、他のいちご農園だと、畑の畝(うね)の高さにいちごが実っており、収穫するのに、しゃがみこむ必要があり腰が痛くなるということもある。その点高設培土栽培だと、しゃがむこともなく、子供の目線に真っ赤ないちごがあるような状態で、収穫しやすい。大人も腰の高さなので長時間に渡るいちご狩りが楽だ。


⑤ウォシュレットお手洗い完備!


受付けのビニールハウスに隣接したところに男女別トイレはある。実はいちごって70%が水分と言われている。いちごをたくさん食べるとトイレに行きたくなるということがある。いちご狩りの前に必ずトイレは済ませたいが、現地でもキレイな水洗トイレがあるので安心できる。

 
⑥交通アクセスが便利!
君津インターチェンジからすぐで約9分6㎞の道のりだ。JR君津駅から歩こうと思えば歩ける!約25分2㎞の道のりだ。お腹を空かせるには良いウォーミングアップになるし、お腹一杯になった後の腹ごなしの運動になるだろう。


▼いちご狩り必須アイテム
①薄着で動きやすい服装
ビニールハウスの中は温かい。いや、暑いと言っても過言ではないかも知れない。冬のこの時期、厚着で行くと汗をかく。暑がりな方は是非、薄着になれる服装で行くことをオススメしたい。また、いちごの果汁が飛ぶこともあるのでオシャレ着で行かないことを合わせてオススメしたい。あと、いちご農園はビニールハウス内が土なので、スニーカーがオススメだ。女性の場合、ヒールとかだと埋まる可能性がある。


②アルコールウェットティッシュまたは、ポケットテッシュ
いちご食べ放題だと、手が真っ赤に染まるほど数を食べることになる。また、糖度が高いので、糖分で手がベタベタすることもある。そんな時は、ウェットテッシュやポケットティッシュの出番だ。手洗い場まで行く手間と水の冷たさに困ることがない。


③myコンデンスミルク
・いちご農園の受付にも完備はしてあるが、自分で持ち込むのもオススメだ。また受け皿をもらえるので、継ぎ足しにわざわざ農園から出て受付に行く手間も省ける。


まとめ
おそらく人生で一番いちごを食べた日だったと思う。60個は軽く食べただろう。時間を気にせずゆっくりマイペースで食べられることが、これ程ありがたいとは今まで知らなかった。振り返ってみると、90分はビニールハウスにいた。大人も子供も満足するまで食べられるいちご農園はここ以外には無いような気がする。スタッフの方も優しく、丁寧でまた行きたくなる!是非おすすめだ!!

▼Thanks!
この僕のブログ記事を見てくれたゲストさんが、実際行って来た感想を、twitterやInstagram経由で連絡くれました♪(※掲載許可済み)




どうやら僕のマネをしてくれたとのこと(^^)




しかも画像と動画でw動画では、『こぶろぐ先輩♪』と叫んでくれてたり、画像では楽しそうにお友達と、いちごを頬張っている写真を上げてます。今後は、こぶちゃんでイイからね☆


それにしても、女の子とイチゴってなんて似合うんだろう(๑´ڡ`๑)美味しさと可愛らしさが伝わってきます。


かぷりこさん
ありがとう\(^o^)/ 


▼Instagram動画 

▼一緒に行った家内のブログもどうぞ!

ポレポレ農園
▼住所
千葉県君津市上湯江1128
▼TEL(予約電話番号)
070−6467−1583
070−6469−1583
▼営業時間
10時~(予約の方のみ)
▼定休日
不定休
▼予約
完全予約制(来園予定日の前日AM7:00から受付開始。
▼駐車場
あり(普通車30台/無料/大型バス3台)
▼持ち帰り
 不可
▼ジャム作り体験
 不可
▼車椅子入園
▼ポレポレ農園料金体系
12月下旬~3月20日: 大人(中学生以上)2000円、小人(3歳以上)1800円
3月21日~4月5日:大人1800円、小人1600円、
4月6日~5月10日の土・日曜、祝日:大人1400円、小人1200円、
4月6日~5月10日の平日:大人1200円、小人1000円、
5月11日~:大人1200円、小人1000円※3歳未満無料