先日、幕張メッセで行われたTGS2014。SAMSUNG GALAXYブース内にてGALAXY Note Edgeが先行展示されたとあって、実機を見て触ったので特に良かった点を重点的に感想をお届けしようと思う。

尚、今回GALAXYアンバサダープログラム運営事務局より、ご招待頂いたおかげで普通では体験できないようなことが盛り沢山だった。お忙しい中、懇切丁寧にご説明頂いたスタッフさんに感謝だ。


エクスパンシス


▼GALAXY Note Edge特長
スーパー有機EL (Super AMOLED) ディスプレイにメイン画面とは独立して動く“エッジスクリーン”を搭載したところが最もユニークな発想と感じた。


メイン画面の大画面の操作性を最大限活かしていて、アプリや音楽プレイヤーの切り替えを素早く操作できるよう工夫が施されている。またニュースや天気・Facebook・twitterといった各種情報・通知も表示できるのだ。

使う使わないは賛否が分かれそうだが、定規(スケール)機能もある。


背面を見てみると。カメラ機能が気になる。メインカメラは16MP。シャッターを切った際に画面がブレないように音声シャッターや、背面カメラ下の心拍数センサーをタッチして離した際にシャッターが切れるなど工夫が施されていてGALAXY S5と同じ仕様だ。自画撮りをはじめてとするスマホカメラマンにはありがたい仕様だとも思った。


Noteシリーズはペンを内蔵(Sペン)しており、写真を撮った後のデコレーションも自由自在だ。


ペン操作してみると滑らかだった。説明によるとペンは2048段階の検知が可能になり、ペンの筆圧感知だけでなく、傾きや回転にも反応する為、字に表現力がでるとのこと。ようはお習字でいうところの“止め・はね”までも感知できるということだ。


動画で、ペンを使った操作を撮影したのでご覧頂きたい♪



エクスパンシス

まとめ
大容量で3000mhAバッテリーを搭載し、通話時間約1300分間・待受はLTEで約440時間。大きさは約82 x 151 x 8.4mm・重さは約177gと大きい割には軽くてイイと感じた。

ただ、画面の保護フィルムはどうなるのだろうか?湾曲した画面をカバーできるのか?w疑問だ。

この機種はauから10月下旬頃発売予定。市場でどのような反応が出てくるか今後が楽しみな機種だ。
エクスパンシス