藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品ということで久々にドラえもんの映画を観て大人泣きしてしまった。てなわけでこの映画のレビューを簡単にしようと思う。(※ネタバレ注意!)


クーポン:UC HOME (マルチディバイス)








テレビアニメ第2作2期シリーズの3D・2D作品で、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品。


原作の映えある第1話“未来の国からはるばると”から始まり、ドラえもんとの別れを切なく描く“さようならドラえもん”。

また、のび太が勇気をふりしぼって、しずかちゃんとのプロポーズから結婚までを描く“雪山のロマンス”

“のび太の結婚前夜”など原作7ストーリーを練り合わせドラえもんと、のび太の出会いや別れ、のび太としずかちゃんとの将来に関する映画だ。

まとめ
この映画は、まず3Dで是非観て欲しい。のび太やドラえもん達と一緒にタケコプターで飛んでいる目線をリアルに体感することができるからだ。またこの作品は気持ちよく大人泣きできる作品だと思っている。特に話したことが、すべてウソになる飲み薬“ウソ800”のストーリー“さようならドラえもん”は、涙なしには観られない。いろんな見所が満載なこの映画。この夏観て欲しいオススメの一本だ。