“トラのもん”のグッズが欲しくて×2たまらなくて、実際虎ノ門ヒルズに行ってきちゃいました。



 


東京都港区に新しいランドマークが誕生。都道環状2号線の直上に建設された地上52階建て、高さ247メートルの超高層ビル“虎ノ門ヒルズ”が6/11【水】開業した。 


オープン前から話題をかっさらったのは、虎ノ門ヒルズのキャラクターこと、“トラのもん”だ。


一見“ドラえもん”そっくりだが、体は真っ白で耳があり、ドラえもんと同じ工場で作られたという設定。頭や胴体、長いしっぽに黒いしま模様がある。 


この新キャラクター“トラのもん”は22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット“ドラえもん”ではなく、22世紀の2114年からやってきたネコ型ビジネスロボットとのこと。


森ビルが発表したリリースによると“トラのもん”、みんなと一緒にワクワクできる東京『Mirai Tokyo』をつくるためにやってきた。虎ノ門ヒルズで、世の中をイノベーションしてたくさんのアイデアを形にするのが、トラのもんの役割だそうだ。

まとめ
森ビル広報部に確認したところ、トラのもんグッズ販売については現在検討中とのこと。今回入手することはできなかったが、グッズが一般公開される日が楽しみでならない♪