浦安に一風変わったラーメン屋があるという情報を聞きつけ行ってみたら、居酒屋とラーメン屋が合体しているようなお店だった。




お店のご主人に伺ってみると、ラーメンも数種類あるが“まぜそば”を主力メニューとして売っているお店で、かつて居酒屋経営されていたお店なので、ついでにお酒も飲めるお店という位置づけにあるようだ。


“まぜそば”を売りにしているお店の中でも種類が豊富で、5種類のまぜそばから食べたいメニューをチョイスすることができるのだ。


今回、ご主人がおすすめして下さった、国産ネギトロまぜそば880円をオーダーしてみた。並盛でも大盛でも無料ということなので遠慮なく大盛りにしてみた。


まぜそばも、ついにネギトロを乗せる時代に来たのかと感慨深く思っていたら、なんともカラフルなネギトロ丼が到着した。


もちろん、丼の下には麺が隠れているのだが、色彩豊かだ。


まぜそばなので、まずはグッチャグチャに混ぜなければならない。


一気にかき混ぜてなんの?まぜそばを頼んだのか一瞬わからなくなるが、一口すすってみると、ワサビが効いたネギトロの風味が口の中一杯広がるのだ。ネギトロのまったりとネットリとした味が、麺と良く絡む。醤油ではなく塩味が効いている。驚いた。下手するとご飯よりも、まぜそばの方が合うのではないだろうか?と思ってしまう程だ。


まとめ
まぜそばの可能性というのが今回のメニューで一気に広がったように思えた。一見麺との相性を疑いそうになるのだが、意外といけてしまう組み合わせがあるということを知った。

また飲んだ後の〆の一杯は最高だ。しかし、スープを最後まで飲み干す自信がない人は是非、まぜそばを試してもらいたい。新たな〆の一杯を体験することができるはずだ。


凛々亭
夜総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:ラーメン | 浦安駅