マクドナルドでは朝マックの新メニューに“ビッグブレックファスト”という新メニューを投入して早一か月が経過した。


こちらの記事もどうぞ!→マクドナルド試食会は超たのしい!ブロガーはいつも熱いトークで盛り上がる! 

今回の朝マックのメニュー“ビッグブレックファスト”を数回食べてみてやはり、正直あまり感動しなかった。いやむしろ、疑問符がつくメニューだった。


▼ビッグブレックファストってなに?
いつものソーセージパティ・いつものイングリッシュマフィン・いつものハッシュポテト・唯一の新メニュー、スクランブルエッグが一つのプレートに乗っているのが“ビッグブレックファスト”だ。更にホットケーキ3枚がプラスされたものが“ビッグブレックファスト デラックス”だ。


ビッグブレックファストは、単品 399円~419円 ドリンクMセット 499円~519円
ビッグブレックファスト デラックス単品 599円~619円 ドリンクMセット 699円~719円(一部店舗を除く)


フワッとトロッと、食感にこわだって調理したスクランブルエッグ。マクドナルドでようやく出したか!という印象だ。塩気のあるソーセージパティとの相性は良い。別途、塩・コショウがついているので物足りない人には良い気配りだ。


専用のトースターで焼かれるイングリッシュマフィンは、今回お好みでジャムをつけるという選択肢ができた。


ただソーセージパティとイングリッシュマフィンって、要するにソーセージマフィンをバラバラに分解したものだ。それにスクランブルエッグが加わり、塩・コショウ・ジャムがついてそれを新商品と出すのはいささか乱暴すぎやしないだろうか?


▼持ち帰りに注意!
この商品をイートインならまだしも、テイクアウト(持ち帰る時)はご注意頂きたい。マクドナルドはこの商品だけのための手提げ袋は用意しておらず、マチの少ない手提げ袋に斜めに入れられて、自宅に帰るとこんな状態になっていることがあるのでご注意頂きたい。箱の中は案外隙間があって横に振ると中身が偏るのだ。


▼こんな食べ方を提案!
正直このメニュー。野菜という野菜がない。マクドナルドでは野菜生活を取り扱っているものの、“ビッグブレックファスト”のセットをオーダーするとMサイズのドリンクに野菜生活を選べないという難点がある。そこで僕は、自宅にあるレタスやトマトを追加して野菜不足を補っている。


▼トラベルマグもらえる!
期間限定ではあるが、5月30日まで“ビッグブレックファスト”もしくは“デラックス”を購入すると“トラベルマグ”の引き換え補助券が1枚貰えて、6枚集めるとトラベルマグ1個と交換となる。


マグカップが欲しかったのでさっそく引換券を集めた。


マクドナルドで“ビッグブレックファスト”を6回食べると、こんなトラベルマグがもらえる。


完全密閉ではないとの注意書きが書いてある。
 

全体的にプラスチックなので簡素な作りでトラベルで持ち歩くには心もとない仕様だ。

 
まとめ
ぼくはマクドナルドの悪い特徴ととらえているのだが既存のメニューにちょっと手を加えただけで、あたかも新メニューと言うのは、あまり歓迎しない。今回のように過剰包装までして、出すメニューにしては中身に目新しさがない。コンパクトで食べやすいファーストフードが食べにくいものになっていないか心配している。

しかし、今まで朝マックの時間帯に“おまけ”がつくことは少なかった点、今回のようなサービスは喜ばしいことだ。このようなサービスは継続的にマクドナルドへ通う客にとって
張り合いがでる。