最近、大型ショッピングや首都圏の幹線道路にめまぐるしく出店している讃岐釜揚げうどんで有名、あの“丸亀製麺”を手がける株式会社トリドールが、焼きそば専門店ブランド“長田本庄軒”を立ち上げ、神戸市民のハートをつかんで止まないとのことだったので行ってみた。

神戸市長田区のB級グルメである“ぼっかけ”。


牛スジとこんにゃくを甘辛く煮込んだものを使った“ぼっかけ焼きそば”を主力商品とし、小麦粉を使った中太麺を店内で製麺する関西を代表とする焼きそば専門店だ。


焼きそばといえど、トッピングは充実。選ぶ楽しさがあり、飽きずに頻繁に通うことができる。


今回は2人で行ったわけだが、お店の看板メニューでもある“とろ玉焼きそば”と“ぼっかけ玉子モダン”・“ぼっかけ丼”をセットにしてオーダーした。


注文するやいなや、麺をスタッフが茹でだした。なんと!茹でる以前にこの店は、中華麺を粉から打って自家製麺で勝負しているのだ。


茹で立て麺を使って、焼きそばを作るなんて、粋なはからいというものだ。さすが、丸亀製麺のノウハウを継承していると感じた。


待っている間にぼっかけ丼が登場。ご飯一膳の上に、ぼっかけがタップリ乗っていて、ぼっかけの煮汁が米一粒一粒まで染み渡り、至高の逸品となっていた。これで200円って安すぎる。


ぼっかけ丼を食べ始めると、次々と焼きそばが登場。“とろ玉焼きそば”並盛り600円。


半熟玉子を崩して頂く。


玉子が絡まってソースの突き刺すような味わいをマイルドにしてくれる。神戸の人達はこのコッテリと濃厚な味わいの焼きそばをおかずにご飯を食べる習慣がある。たしかにご飯に合う濃さだ。ビールが欲しくなった。


“ぼっかけ玉子モダン”大盛り750円。


玉子がカリッと外側を形成してサクサク感が加わっていた。お好焼きモダンともとれそうな味わいで楽しめた。


まとめ
関西圏に来ると、粉もん文化に触れないわけにはいかない。決め手はやはり“ソース”にあると思っている。関東でお好み焼きのソースは?というと、オタフクソースが一般的だが、関西の場合オリバーの“どろソース”というのが有名で僕も関西の友達を招待してお好み焼きパーティーをする際は必ず取り寄せている。ソースを作る過程で、貯蔵タンクに格納した際、底に沈んだ具材を取り除き絞り出したもので、ソースの中でも特に味の濃い部分を“どろソース”という。今回、お店で頂いた焼きそばは、まず関東では味わえないこっくりと濃厚で香り豊かな焼きそばだった。これを食べずして粉もん文化を語るべからず!といっても過言ではないと自負している。是非オススメしたい。

長田本庄軒 三宮センタープラザ店
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:焼きそば | 神戸三宮駅(阪急)旧居留地・大丸前駅三宮駅(神戸市営)

 
今回写真に使用したカメラとレンズはコチラ!↓