神戸ハイカラモーニングコンテスト第1位に輝き、灘・東灘ウォーカー(KADOKAWA2010)にも掲載された“喫茶ドニエ”。


こちらの記事をどうぞ!→【神戸観光】灘区“水道筋商店街”おすすめ!お土産はここで買うべし! 

神戸空港の開港を記念して兵庫県喫茶飲食生活衛同業組合が実施する喫茶店の朝食サービスコンテストが2009年に開催された。


そこで“喫茶ドニエ”は神戸ハイカラモーニングコンテストで第1位を獲得したそうだ。オープンして以来、地元民に愛され続け30年以上が経過したとのこと。店内は、ほぼ満席状態だ。


常連になると、お客ひとりひとりのオーダーメニューをスタッフが覚えているとのこと。そんなことができるのも、地元民が愛し通い続けているからだろう。実際、入店してみるとお薬を飲むおばあちゃんには氷なしのお冷を、そっと提供したり、常連のおじいちゃんは『いつものイチゴのやつ!』という注文が通じてしまうほどだ。


そんなお店で目にとまったメニューが、自家製ハンバーガーのセットだった。大手チェーン店ではお目にかかれない“自家製”という文言についついつられてしまった。オーダーしてから10分待つと出てきたのがこれだ。


見るからに美味しいそうに感じられる。バーガーラップがなかったので、ハンバーガーを食べるのに、いささか戸惑うものの、ハンバーガーを持った瞬間、ものすごく軽い印象を持った。決して中身がスカスカなのではなく、全体がふんわりしているから軽いイメージを持ったのだと後から感じた。


バンズもフワフワしているのはもちろん、中のパテはまるでフワフワのつくねのようだ。玉ねぎとお肉だけのパテだったが、プリプリフワフワしており、いつも食べ慣れているハンバーガーとは違うものだった。これなら朝からでも食べられる。


また、付け合わせのポテトがポテトチップスで、手作りハンバーガーとのギャップに思わず微笑んでしまった。これにサラダと美味しいコーヒーが付いて800円なのだから驚きだ。


まとめ
神戸は、目をつぶって石を投げればカフェに当たる!と言われているくらい、カフェが多い街だ。あの有名なUCCのお膝元でもある。

レトロな雰囲気が漂う店内は、地元灘の水道筋商店街の憩いの場として、阪神淡路大震災を経て19年経った今でも健在で、元灘区民として嬉しい限りだ。是非、自分の足でいろんな特徴あるカフェを見つけては楽しんで欲しい。

喫茶ドニエ
昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:喫茶店 | 王子公園駅西灘駅灘駅


今回写真に使用したカメラとレンズはコチラ!↓